医師不足が深刻な現在だからこそ希望する職場で働くことを目指す!

医療と医師求人について

小児科の医師を採用するための求人

医師はいろんな診療科から自分で担当する分野を選択し求人に応募できます、小児科の医師を採用する求人には医師が集まりにくい事もある様です。

その背景には、小児科の医療が抱える問題があります。小児科の医師は、重い責任と戦いながら仕事をしています。訴訟になる可能性なども考えられるため、ストレスとなる事もあります。小児科の医師を採用するための求人はたくさん出されていても、応募者は十分に集まらない事もある様です。

また、同時に救急医療などの求人も人が集まりにくい事があるそうです。医師 求人の条件を応募しやすい様に改善したり、負担を少しでも軽減するという事も行う必要があるのかもしれませんね。

IT系の求人について。

海外での医師求人製薬会社での医師求人
救急医療を扱う医師求人医師求人での眼形成眼窩外科の管理
医師求人医師求人支援
医師求人在宅医療医師求人サイトに登録

ご挨拶

医療に関する情報を独自で調べて掲載しております。
私たちの身近にある医療だからこそ、詳しく知っておきたいと思ったからです。

同じ思いをしている人たちにも、情報の共有ができればと思い作りました。

このサイトを通じて少しでも、医療関係者の転職に役立つことを願っております。

成長できる医師転職。医師のキャリアップのための転職。

医師転職エージェントJMCのHP

医師転職について

医師転職、医師求人、産業医医師転職エージェントにお願いする医師求人
専門医の取得をして医師転職救命救急に転科をする可能性のある医師転職
医師転職医師転職の種類

高収入な医師バイトについて

医師バイトは意外と高収入で、毎日長時間同じ病院に要るよりバイトとして土曜の午前だけ他の病院に行くという方法で勤めいるお医者さんは意外と多いものです。

午前中の土曜の医師バイトを月2回行うだけで10万円くらいのお給料がそのバイトの病院から貰える訳ですからバイトは積極的にやりたいと願うお医者さんも多く、ほとんどのお医者さんがバイトというかたちで非番の日に勤務していると思います。

患者側から見るといつもいて欲しい主治医でも、学会等でいない時もあるでしょう。そんな時、病院側からしたら医師バイトは非常に助かる存在で、医師の方も空いた時間に高額な収入が得られるので双方にとってよい結果がもたらされます。

医師バイトについて

開業を控えた医師が行うバイト非公開のバイトを希望する医師
内視鏡検査医を行う医師バイト医師バイト
医師バイトに見られる特徴救急医療の医師バイト

産科での医師募集のメリット

産科の医師募集は医師専門の求人転職サイトでも長年売り手市場と言われています。ほかの科の医師募集と異なり年収ベースでも1800万~5000万円とハイクラスな価格設定になっており、とくに地方でその傾向が高いと言われています。

ただ産婦人科医というと過酷な労働時間や術後トラブルなどによる訴訟リスクの多さなど独特の環境下のなかで勤務しなければならないため、このようなハイクラスな年収であっても納得がいきます。さらには新たな生命の誕生に立ち会える喜びはどの喜びにも勝るものであり、医師冥利に尽きるものであるといえます。

製薬会社の医師募集形成外科の医師募集
勤務地を選べる医師募集勤務地を選べる医師募集

地方における医師募集

大都市と地方の格差について色々と語られることが多いですが、近頃注目を浴びているのが医療格差です。人が多く集まる都市部と違い、地方では医師が不足しています。

医師募集を行う地方の病院広告も多く見かけますが、医師不足による休診も見受けられるのが現状です。住んでいる場所に関わらず、同等の質で医療を受けられることが地方活性化のためにも重要です。

また、医師不足により医師一人当たりの負担が増えて、長時間労働などに繋がっているという問題もあります。単純に医師募集をかけるだけではなく、適切な人数の医師が都市部、地方を問わず働けるような制度や措置が必要となってきています。

医師募集はなにが違うのか

医師というのは身近な職業なのに、求人募集はあまり見たことがないことでしょう。

医師募集は専門のコンサルティング会社や医療関係者専門の求人サイト、医療大学からの流れで従事するのか主流です。

一般職の就職・転職サイトよりも、専門的かつ個人に密に対応している印象です。登録制で一般閲覧できないサイトが多く、コンサルタントがマンツーマンで対応して、入職後もフォローしてくれるサイトも少なくありません。

就職への流れは特別ではありません。専門職ですが意外と一般会社員と同じような就職・転職の悩みがあるのではないでしょうか。

魅力のあるクリニックの医師求人

人気の高いクリニックの医師求人のほとんどは、スタッフが働きやすい環境が整えられていることが特徴です。特に、医師求人の申し込み方について知りたいことがあれば、実績のある転職サイトを利用することで、すぐに魅力的な求人の特徴を把握することができます。

また、スタッフの研修制度が用意されているクリニックの見つけ方については、若年層の人々からの関心が寄せられています。そこで、もしも医師求人の選び方をマスターしたい時には、複数の医療機関の最新の取り組みをチェックするだけでなく、職場見学に参加をすることが良いでしょう。

熊本での医師アルバイトについて

少子高齢化や過疎化が問題となってきている現代、医師不足が深刻となっています。また、熊本では大地震があったことから、心身的に体調を崩しているという方が増えてきています。そのため、小さな病院では医師不足のために、経営が困難なところも少なくありません。

そこで、医師アルバイトの雇用が多いです。時間で勤務することができるため、医師も無理なく働くことができます。地域の方が安心できる医療環境をつくるためにも、医師アルバイトは大切な存在となってきています。医師不足は、熊本だけではありませんが、たくさんの地域で広まることが望ましいです。

神経内科からの医師転職

現在働いている神経内科をやめて医師転職をするのは勇気がいる事でしょう。神経内科からの医師転職は、今後どうなるか分からない事もあり、不安を感じる事もあるかもしれませんね。

しかし、高い目標を持って神経内科で活躍している人は、医師転職をして新しい職場に移る事によって、より目標が実現しやすくなる事もあるかもしれません。神経内科として現状の職場に留まるのか、医師転職するのかという事は大きな決断となる事でしょう。

神経内科から医師転職する際には、医師としての強みがあると、積極的にアピールする事ができそうですね。経験が豊富な医師の場合には、スキル面などにおいて有利となる事もあるかもしれません。

医師転職とエージェント

エージェントという単語を聞いたことがありますか?よく経済新聞や、求人サイト、テレビのCMなどでは見かける単語です。こちらは代理人・仲介役と言った意味があります。医師転職におけるエージェントとは仲介人といった意味合いの方が合っています。なぜなら転職活動自体を行うのは本人で、誰かが代わりに面接を受けたり、試験を受けることはできないからです。

最近では専門知識を持った人が増えており、様々な求人仲介業者さんで働いています。医師転職についてなんでも相談することができるので一人自分についてもらえると非常に安心して手続きを進めて行くことができます。

医師転職は多くされています

今では、多くのクリニックや病院が、良い人材を求め、医師の募集を行っています。医師転職を支援するサイトがあり、このサイトを通じ多くの医師が、転職していきます。

病院側からすると、腕の良い医師を一人でも、確保しておきたいですし、医師からすれば、少しでも給与面などで、良い環境で働きたいと思っているので、両者の思惑が一致し医師転職サイトが運営されています。

医師不足が深刻化しているので、給与面などもどんどん上がっており、医師が高待遇で雇われているのが現状です。医師も自分のスキルアップの為やさらに良い条件の勤務先に、どんどん医師転職をして、多くの技術を磨いています。

産業医の医師求人で求められること

産業医の医師求人は、病院で勤務する医師と異なり、企業と契約し企業の事業場で勤務します。昨今、労働環境の悪化で過労死、自殺、うつ病の発病など様々な問題が出てきています。

これにより法律で、50人以上の労働者が常時働いている企業では産業医を配置しなければならなくなっています。医師求人情報でもニーズが高まっていますが、一定の資格を取得している人材でなければなりません。

病気やケガを治療する医師ではなく、雇用者と被雇用者の間に立ち、双方にとって良い職場環境を作るように働きかけます。実際に労働者が働く現場を回り、問題がないかチェックするのも産業医の仕事です。

精神科の医師求人が求められている

精神科の医師求人が出されるなんてそんなはずあるかと思うかもしれないが、これは実際に人手が足りていないから医師求人を出しているのです。無理矢理お金削減してブラック企業になるより、しっかりと人手を確保することによって無理せずに、患者さんと同じように働く人のことをよく考えた結果の配慮であると言えます。

新しいドアを開いてみて、自分の新たな可能性を見出してみるといいと思います。精神科の医師求人については資格を持っていて、なぜいつもこのような人がいるのかと言うことを精神的な面から分析することに長けているスペシャリストになれるということです。

これから求められる医師バイトの今後

医療系のバイトって、よく耳にしますよね。看護師、薬剤師等。でも、医師バイトってあまり耳にしないと思います。それはなぜでしょう?看護師、薬剤師は昔から女性の多い職種ですが、医療職の中で医師は男性が多くを占めていました。

しかし近年、女性の社会進出や高学歴化に伴い医師を志す女性が増え、他業種に見られるように共働きが当たり前となり、「医師としてバリバリ働く事は難しいけれども、家庭と両立するためバイトで働きたい」という女性医師も増えています。働き方改革等、労働に関する議論が盛んになっている今日ですが、医師業界も「医師バイト」の求人が増え、多様な働き方ができるようになればいいですね。

応募者のいる医師求人

病院などが医師求人を出していると、続々と応募してくる人もいます。

応募者のいる医師求人では、応募締め切りを待つ事なく、順次選考へと進められる事もある様です。という事は、医師求人に応募してから、内定までが意外に早く進むという事も考えられます。

仕事をしている人や、転職活動が忙しい人は、医師求人探しや、面接などの日程が合わないという事がない様にスケジュール調整をしっかり行いましょう。

医師求人に応募してくるドクターが多いと、不安になるという人もいる様ですが、これまでに自分が身に付けた事や長所をしっかりとアピールする事で、いい結果となる場合もあるでしょう。諦めない事が大事です。

医療機関以外が出す医師求人

もちろん病院が医師求人を出す事が多いですが、それ以外の機関が医師求人を出す事も少なくありません。たとえば、人気のある医師求人として産業医の案件がありますが、これは企業で仕事をします。

また、保険会社が医師求人を出して、社医を募集している事もあります。

製薬会社が研究開発のために医師求人を出して、医師を採用する事もあります。そして、老健施設が高齢者の健康管理を行うために、医師を求めている事もあります。

この様に、企業が医師を必要としている事もあります。これまでとは違って、医師はあらゆる場所で活躍する事ができます。これから医師としてどの様に働きたいかという事をよく考えましょう。

特殊な医療を扱う医師求人

自分がこの先医師として研究していきたいと思う専門分野が特殊な分野である場合には、特殊な医療を扱う医師求人をメインに探してみると、自分に合う職場が見つかる事もあります。

特殊な医療を扱う医師求人は希望に合うといいのですがそうではない場合には、自分がしたいと思う事ができない場合もあります。

そのため、医師求人からその医療機関が得意としている事を見極める必要があります。特殊な医療を扱う医師求人は、そう多くはない場合もあり、通勤に時間がかかってしまったりする可能性もあります。医師求人から問題なく通勤できるという確認が必要となります。

実際、仕事をする事について考えましょう。

トピックス

2018年10月24日勤務日数が選べる医師求人についての情報を更新しました。

2018年7月30日地域における医師求人の違いに関する情報を追記しました。

2018年7月5日医師転職のための医療機関探しについてや増加している医師転職についての情報を掲載しました。

2018年7月5日院長の役職へ医師転職についての情報を掲載。

メニュー

医師の求人研究室HOME   医師求人   医師求人老健   医師求人在宅医療   医師求人転職   医師募集   医師転職   医師転職の種類   医師バイト   医師バイトに見られる特徴   美容外科   美容外科大阪   医師アルバイト

ページトップへ戻る