医師不足が深刻な現在だからこそ希望する職場で働くことを目指す!

医師求人、転職について

老健の医師求人や産業医求人などの仕事を医師求人サイトから探そう

医師募集

勤務地、診療科目から選べる医師募集

医師転職について

医師転職エージェントを利用してやりがいを探そう

医師バイトについて

経験値を増やす医師バイト、医師アルバイトについて

医師や看護師の仕事と給与

美容外科の仕事

TOP 医師転職 医師求人 医師求人老健 医師求人在宅医療 産業医求人 医師求人での眼形成眼窩外科の管理

もくじ

  1. 医師求人での眼形成眼窩外科の管理
  2. 産業医の医師求人を紹介してもらおう
  3. 非公開の産業医医師求人
  4. 医師求人への応募での失敗例について
  5. 泌尿器科の医師求人の特徴
  6. 精神科における医師求人と転職とは
  7. 北海道の医学部へ進学と医師転職
  8. 北海道の医学部から医師の転職はどうなの?
  9. 専門医を目指し北海道に医師転職する研修医
  10. 北海道で研修医に選ばれる医師転職先
  11. ライバルが多い産業医採用のための医師募集

医師求人での眼形成眼窩外科の管理

医師求人の中には眼形成眼窩外科の管理の仕事もあります。眼瞼や結膜、眼窩に涙道などの外眼部とその周囲を主に診察する診療科です。

眼科や形成外科、耳鼻咽喉科や脳神経外科、口腔外科などの境界領域で専門とする施設は全国でも少ないです。

主な治療は眼窩骨折整復術や眼窩腫瘍摘出術、義眼床形成術などがあって、知識や経験、医学的に根拠に基づいた治療が行われています。視機能だけでなく整容面での問題にも気を配っています。

特殊検査治療では涙道閉塞に対する涙道内視鏡や鼻内視鏡を導入して正確な治療をします。外来スタッフには視機能訓練師や眼科コメディカル、看護師や医療秘書、受付などがいます。

医師は診察に専念できるように検査は全て検査員が行い、診察の介助や各種検査案内なども医療秘書、予約は受付けがします。

産業医の医師求人を紹介してもらおう

産業医の仕事を探しているのであれば、自分の知り合いに紹介してもらうのが安心かつ効率のいい方法です。また産業医なら、ただの医師求人とは異なって、別に医療関係の人から話を聞く必要はあまりなく、一般企業から情報を入手することも可能なため、知り合いに紹介してもらいやすいというメリットがあります。

「医師をうちの会社で探しているらしい」という話を聞けば応募もしやすくなります。またインターネットからでは入手できないような、実際に働いている人でなければわからないような医師求人情報も聞くことができるので働く前後でのギャップを少なくすることができます。

医師求人、医師募集についての記事

非公開の産業医医師求人

産業医求人をお探しの場合は、医師求人を専門に扱う求人情報のサービスを利用することがおすすめです。産業医求人は非公開の案件が多く、普段は私たちが閲覧できないものが多い様です。

医師求人を専門に扱うサービスに登録を行なっておくだけで、非公開の求人を紹介してもらう事ができます。

事前に希望する条件をしっかりと伝えておく事で、その条件に合う医師求人を代わりに探してきてくれます。

自分で医療機関を探す手間が省けるため、非常に便利なシステムです。

メニュー

医師の求人研究室HOME   医師求人   医師求人老健   医師求人在宅医療   医師求人転職   医師募集   医師転職   医師転職の種類   医師バイト   美容外科   美容外科大阪   医師アルバイト

医師求人への応募での失敗例について

医師求人へ応募して、実際に就職したところ、失敗例として挙げられるものがあります。応募前に、志望する医療機関の掲げる医療方針や治療方法については、情報収集をしっかりとおこなっているつもりでいても、実際に医療現場で働き始めてみると、その方針通りに実施されていることが決して多くないことに気付かされることがあります。

また、スタッフ同士の連携がうまくまわっていないこともあります。医師求人への応募の際には、職場訪問を必ずおこない、働いているスタッフに直接話を聞いて、方針通りなのかどうかを確かめる必要があります。

泌尿器科の医師求人の特徴

現在、多くの医療機関の泌尿器科で、新たに開設したい専門外来としてあげられているのが、男性不妊外来です。医師求人も、男性不妊に対応できる医師は大歓迎でしょう。

日本の少子化を解決するためにも、不妊症の治療は非常に深刻な問題となっています。不妊症に悩むカップルの約半分が、男性に問題があるということが判っていrので、男性不妊症の治療はとても大切です。

しかし、男性の不妊症に対応できる専門医は非常に少なく、1人もいない県もあります。そのため多くの男性不妊症患者さんは、女性に囲まれた婦人科の待合室で診察の順番を待って、治療を受けなければならないのが現状です。泌尿器科の医師求人は、このような状況に対応できる男性不妊症の専門医を歓迎しています。

精神科における医師求人と転職とは

念願の医師になることができたとしても、自分が思っていた働き方と異なっていたり、希望していたものとは大きく違っていたなどのケースも多くあります。特に、精神科の場合は病院やクリニックによっては、治療方針が大きく変わり、配属される場所によって医師としての在り方も、変わってしまう可能性すら秘めています。

そのような際に転職を考える医師は多くいるようです。そのような転職を考える際に、大きな存在になってくるのが医師求人を多く掲載している、医療用のエージェンシーやコンサルタントです。医師である理念やキャリア目標を汲み取り、病院とのマッチングをしてくださいますので、安心して任せることが可能になります。

北海道の医学部へ進学と医師転職

医者になるにはまずは医学部に進学することが必須です。でも私学の医学部となると6年間で授業料が数千万円なんて話もあります。普通のサラリーマンだと絶対無理です。

じゃあ医師になる夢はあきらめないといけないのか?そう思うと辛くなります。

全くの貧乏なら防衛医大に行けば、卒業後、自衛隊につとめれば、それまでかかった授業料は払わなくてもいいと思います。防衛医大のいいところはお金をもらいながら行けることです。

たぶん。普通に非常にありがたいことなのですが、実際に入学するには非常に高いハードルがあります。

それは学力です。それなら普通の授業料でということになると国公立大学の医学部ということになります。

当然、偏差値も大学により、いろいろで北海道大学のような旧帝国大学は非常に難しく、次に都市部の大学は人気なので難しいです。

そこで札幌医科大学や旭川医科大学になると少し難易度が下がるの普通の考えならこのあたりを目標にします。

都市部の学生からすると近くの国公立の医学部は難しいから旭川医科大学や札幌医大へという方も少なくないと思います。

そうなるとどうしても大学卒業してしばらくは北海道で勤めていてもその後都市部の病院に転職したくなるのはごく普通だと思います。

北海道の医学部から医師の転職はどうなの?

北海道の医学部に行った友達がいます。医師になった後も、10年ぐらいは北海道の小さな病院を中心に勤務していました。本当にすごいと思う反面、それってあんたのしたかったこと?とも思いました。

しかし彼は立派なので地域医療は大事な医師として役割だと思っているのです。

その後、都会の大学病院に転職しました。今はずっとそのままで大学病院の近くの病院などで勤務しながら研究発表などをしています。私にはできません。立派すぎます。忙しいのでほとんどあっていませんが、時々googleってみます。

やはり、北海道ではないところから北海道の大学に行ってもなかなかずっとそこに住み続ける、勤務し続けるということは難しいでしょう。

普通のサラリーマンでも今は昔と違い転勤が多く、全国各地に行きます。医師は自分の意志でキャリア、勤務先を決めるでしょうが、やりたいことやしがらみから転職するしかない場合も多いでしょう。

専門医を目指し北海道に医師転職する研修医

人によっては北海道に医師転職する理由は異なります。研修医の中には専門医の取得を目指している人も多い様です。

専門医を目指して研修医が北海道に医師転職するには、資格取得を目指せる環境であるかどうかという事が重要になってきます。

研修医として北海道に医師転職する際には、資格取得が実現できそうな環境である事はもちろんですが、医師として更に成長する事が大事です。

教育に力を入れている医療機関に研修医として北海道に医師転職できると、たくさんの事を吸収できるでしょう。

研修医として北海道に医師転職にする事ができた場合、専門医の取得はもちろん、更に高い目標に向かって頑張りましょう。

北海道で研修医に選ばれる医師転職先

自分のやりたい事を求めて研修医が北海道へと医師転職する事もあります。研修医として北海道に医師転職する際には、一人前の医師になるためにしっかり学べる環境であるかどうか検討しています。

北海道で研修医に選ばれる医師転職先としては、研修期間を終えた後の進路についても親身に相談に乗ってくれる医療機関を選ぶ人もいます。

北海道の医師転職先は、研修医の期間を過ごす大事な場所となりますが、研修期間を終えた後の事についても真剣に考えている人が多い様です。

研修医として北海道の医療機関に医師転職した後も、仕事は大変だという事が考えられますが、医師として成長できれば素晴らしい事でしょう。

ライバルが多い産業医採用のための医師募集

この仕事がしたいという医師は多い様です。そのため、産業医採用のための医師募集はライバルが多い場合があります。そのため、産業医採用のための医師募集案件に応募してもいい結果を期待する事は難しい場合もあります。

また、産業医採用のための医師募集案件に応募すると、返事を待つ時間が発生する事もあります。産業医採用のための医師募集案件に応募して、時間ができれば、また別の案件を探して応募に努めるのもいいでしょう。

いい結果ではなくても、産業医採用のための医師募集案件は他にもありますので、気持ちを切り替えて、モチベーションを維持しながら、次の求人案件の応募に力を尽くす事が大事と言えます。

浦添総合病院初期研修医

ミシガン大学より、Flanders先生を招いての教育回診を行いました

公開日:2019/03/01

順天堂医院_外科7科医局の後期臨床研修医募集

上部消化管外科医「北野裕巳インタビュー」

公開日:2014/03/31

ページトップへ戻る