医師不足が深刻な現在だからこそ希望する職場で働くことを目指す!

TOP 医師バイト 医師転職 医師求人 医師求人老健 医師求人在宅医療 産業医の求人は楽でいい??

もくじ

  1. 産業医の求人は楽でいい??
  2. 産業医の医師求人は誰でもOK?
  3. 医師求人の情報
  4. パートタイムで働く医師求人
  5. 医師求人の中の在宅診療医師募集について
  6. 産婦人科の医師求人の特徴
  7. 医師求人で産業医の仕事を探そう
  8. 産業医などの医師求人において
  9. 北海道の医学部から医師転職は仕方ない?
  10. 逆に田舎暮らしがしたくて北海道へ医師が転職??

産業医の求人は楽でいい??

産業医のイメージはどんなもんでしょうか?多くの方は大企業の産業医というのは専属でそれを主に行います。

中小企業の場合は産業医は提携しているとイメージで必要な健康診断や社員の発病などの時に利用するイメージです。

産業医には当然、就業中の発作や脳梗塞、脳内出血などの場合も利用するでしょう。ただ、その場合はすぐに対処できる病院に搬送ということにはなるでしょう。

多くの場合は内科的なものと健康診断的なものそして、うつなどの心療内科的なものになります。

会社でコミュニケーションがうまく取れない、情緒不安定な場合などに産業医に診断を求めることもあるようです。

心療内科などでも勤務経験のある方などにとってはそれほど苦にはならないかもしれません。専属の産業医のメリットはサラリーマンと同様の勤務になるので自分の時間を作りやすいことでしょう。

医師の場合はなかなか自分の時間を作ったり、自分のペースの生活をするのは難しいのでそのような生活に嫌気がさした場合にはいいでしょう。

ただ、多くの医師が同じように考えているので専属の産業医になるのは簡単ではありません。そのため、多くの医師は産業医の医師転職エージェントを使います。

その方が事情をよく知っていることや企業との人間関係ができているので採用される可能性は上がります。

勤務が楽かどうかは人それぞれの考え方でしょうが、一般的には通常の勤務よりの自分の時間を作りやすいということでしょう。

産業医の医師求人は誰でもOK?

産業医になるにはどうすればいいのでしょうか?産業医に求められることは事業場で労働者が健康で快適な労働環境のもとで生活ができるようにすることです。

そのため、そのための知識が産業医には必要です。そのため、産業医として認められるためには「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」(安衛法第13条第2項)を満たすことが必要です。

その要件を満たすためにはいろいろな条件があり、多くの場合は厚生労動大臣が定める産業医研修の修了者となります。研修を受けて初めて産業医と認められるのです。

産業医と認められた後に産業医の求人に応募することができるのです。そう考えると医師になってすぐに産業医になりたいといってもそれは無理なのです。

ある程度の経験も必要ですし、要件を満たすための研修にも受けないといけません。また、採用においてもいままでのキャリアなどで判断されますのでそんなに簡単ではありません。

まずは産業医として働く場合は要件に合っているのか?そしてキャリアは十分かを考えてみてください。そして産業医に強い転職エージェントを探してください。

そこで相談するのが一番の早道でしょう。自分で考えてもなかなかうまくいかないかもしれません。 まずは自己分析をして相談してみましょう。

医師求人の情報

医師不足が深刻な社会問題となっており、医師求人をしている病院が急増しています。

診療科によって医師不足の比率が異なりますが、特に産婦人科や小児科などの診療科が不足しているようです。
人気がある診療科は内科で、内臓の病気を扱う医師が増えているようです。

また、最近よく医師求人している美容外科や美容皮膚科も人気を集めています。
美容外科はよりキレイになりたいという人に手術や処置を行う診療科になります。

美容皮膚科はメスで切らないでシワやたるみを取り除いたりシミを消すなど皮膚に関する処置を行う診療科です。
インターネットなどで医師求人情報を探すとさまざまな診療科の求人情報をみることができます。

パートタイムで働く医師求人

たくさんある診療科の中ではたくさんの人が頻繁に利用する診療科ではないかもしれませんが、腎臓内科のニーズは決して低いとは言えません。

腎臓内科では、人工透析の治療も行っています。人工透析は一度開始すると、定期的に行い続ける必要があるため腎臓内科において最低限必要な医師の確保はマストとなっています。

以前に比べると人工透析を行っている患者は増加している傾向にある様なのでこれからも腎臓内科における医師を確保するために、医師求人を出す病院も減る事はないと予想されます。

患者が増えると対応しきれない場合などには、非常勤の医師求人を出して、パートタイムで働く医師を確保するという場合もあります。

医師求人、医師募集についての記事

医師求人の中の在宅診療医師募集について

医師求人の中には、在宅診療医師募集があります。高齢者や障害を持った人たちの中で、どうしても通院が難しい状態や入院を望まない場合などの様々な事情によって、在宅でのケアを望む声は増えています。

利用者は、定期的な医師の訪問によって、一通りの診察や治療を受けることができることでの安心感を得ることができます。また、患者を取り巻く家族との円滑なコミュニケーションを図ることも大切になりますので、医師求人への応募にあたっては、患者の家族の一員としての思いやりをもって対応することが求められていることを忘れてはなりません。

産婦人科の医師求人の特徴

産婦人科の医師求人でよく見られるのが、女性医師歓迎という文字です。患者さんが女性なので、患者さんが女性医師を求めているということが大きな要因です。歓迎と書いてはいるものの、実際には女性医師を求めているというケースもあります。

男性医師が産婦人科の医師求人に応募する場合は、女性に負けない何か「売り」や「アピールできるもの」がないと不利になります。例えば、腹腔鏡の手術が得意で手術経験が豊富であるとか不妊治療で実績があるなど、勝負できる技術や診断能力などが求められます。そしてそれ以上に、診察の際の態度や言葉遣いが大切になってきます。

女性や患者さんに対して上から目線であったり、デリカシーに欠ける言動がある医師は、いくら手術が上手で診断能力に優れていても採用する気にはならないでしょう。女性患者さんの目は、男性患者さん以上に厳しいです。そして、悪い噂はあっと言う間に広がってしまいます。

メニュー

医師の求人研究室HOME   医師求人   医師求人老健   医師求人在宅医療   医師求人転職   医師募集   医師転職   医師転職の種類   医師バイト   美容外科   美容外科大阪   医師アルバイト

医師求人で産業医の仕事を探そう

産業医は、普通の求人サイトでは見つけることが難しいです。ある程度専門的な知識が必要であることや、産業医として仕事をする観点で一般のサイトは使いづらいと判断されているからです。こうした求人は、医師求人を専門に扱っているサイトに多く掲載されます。

専門的なところなら、多くの医師求人を扱っていて、仕事の違いなどを含めて掲載されている情報が多くあります。

もし仕事をしたいなら、医師求人を扱っているサイトを見て、検索しながら見つけるといいです。なかなか見つからない場合は、エージェントなどに相談するのもいい方法です。

産業医などの医師求人において

産業医などの特殊な分野を専門としている求人サイトの存在は複数あり、医師求人や医療業界に特化されたウェブサイトとして、求職活動者や転職活動者などに幅広く活用されています。

医師として現役で働いている方の場合においても、転職や副業を考えているといったケースは多く見受けられ、仕事探しに関する様々な情報が求められます。他の職種よりも情報収集が難しいとイメージされやすい医療業界の仕事ですが、実際には多くの情報が出回っており、多くの選択肢の中から、自分の希望に合致した条件での仕事探しが行えるよう対策されています。

北海道の医学部から医師転職は仕方ない?

北海道には3つの医学部があります。北海道大学医学部、札幌医科大学、旭川医科大学となります。北海道大学は旧帝国大学なので偏差値も非常に高く、そのほかの2つの大学も高い。

しかし、医学部としてはやはり地方の医学部の方が受験の難易度が高くないため、どうしても医師になりたいという方、都市部などが受験します。

そのため北海道以外の学生も多くいます。彼らの多くは医師になることが目的で進学いているため、医師免許を取ったあと、その他の地域に行きたいと思い、転職する方も多くいます。

それは仕方ないことではないでしょうか?北海道には3つの国公立大学の医学部があるというのはすごいことで他の地域ではありません。東京、京都、大阪などは2つありますが、普通は1つなのです。

それはもともと北海道のような大きな面積においては人口に対して多くの医師が必要ということなんでしょう。そのため北海道の人口の少ないところでは医師が欲しいというところは少ないと思います。

一方、これらの大学から他の地域に転職というのも仕方ないでしょう。

逆に田舎暮らしがしたくて北海道へ医師が転職??

私の夢は半分田舎暮らしというのをやってみたいのです。田舎で育ったというのもあるのですが、はやり緑が綺麗なところで時間を過ごしたいと思ったりします。

しかし、普通の仕事をしていると給料などのこともあるので難しいと考えています。老後となると田舎よりも医療が整ったある程度の地方都市かなと思います。

そう考えると医師などは田舎にいっても給料が下がることもなく、もしかしたら赴任する人がいなければ都市部より高い可能性もあります。

ほんとうにうらやましい。田舎の病院、診療所は医師が少なく、いろいろな状況、症状に対応する必要があるので大変でしょうが、多くの場合、医師として診療してくれることを非常にありがたく思ってくれる方が多いのやりがいはあるのではないでしょうか?

北海道のような田舎の場合は冬は寒いのでそういうのを嫌だという方も多くいらしゃいますので医師を集めることは難しいかもしれません。

私が医師ならそんなところも住んでみたいとは思います。そして、冬はスキーを楽しみたいのです。とはいっても怪我はできませんのである程度の分別をもって楽しむことが大切でしょう。

北海道家庭医療学センターが取り組む後期研修支援

北海道家庭医療学センターが取り組む後期研修支援

公開日:2012/09/26

麻酔科コース紹介動画

公益財団法人がん研究会有明病院(がん研有明病院)レジデント(後期臨床研修医)募集紹介動画 麻酔科コース

公開日:2014/06/26

ページトップへ戻る