医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

医師転職の種類

医師転職は、専門によって募集してます。非常勤は週末勤務や空いてる時間に勤務するアルバイトです。常勤も年収で募集しています。

特に乳腺外科は、乳がん専門です。乳がんが増えているのが現実で、大きな病院では、専門の乳腺外科が配属になって、患者は乳がん治療に通っています。

医師転職で常勤にするか非常勤も募集しています。医師の人数が少ない上に、専門の医師も人数が少ないです。乳がん治療に専念したい患者の為に医師も専門の医師が必要です。

非常勤のバイト料は、数万円程度です。全国に医師の転職募集をしているので、空いた時間に医師もバイトができます。

長い時間をかけて医師転職

最初にそろそろ医師転職をしようかな、と思い立ってからかなり長い時間をかけて慎重に医師転職を行う人もいるのではないでしょうか。

医師として働く期間は何十年と長い期間に及ぶ事もありますが、医師転職を行うチャンスというのは多くないと思います。ですので、医師転職を行うのであれば、それを転機として医師としての人生を素晴らしくしたいと考える人が多いようです。

実際に、過去に医師転職を行う事で、医師として自己実現をする事ができたという人もたくさんいると思います。今の職場で働き続けても、得られないと思うのであれば、思い切って職場を変えるというのもアリかもしれません。

今の環境に慣れてしまったのであれば、新たな環境にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

人材を求めて医師転職

最新の医療に関する設備など環境を求めて、医師転職をする事もあるかと思われますが、有名医師がいるという事で人材を求めて医師転職をするという事もあるでしょう。やはり医師転職をして、素晴らしい医師に囲まれて仕事をしていると、いい影響を受ける事も多いと思われます。

また、スキルアップしたいが今の環境では難しい時には、より高いスキルを持つ医師がいる病院に医師転職をするのもいいでしょう。人材を求めて医師転職をすると、自分が医師として成長する事ができるのではないかと思われます。転職をする事によって、自分で自由に働く環境というのを選択する事ができます。より高いレベルを目指して努力しましょう。

ポジティブに医師転職

仕事がキツイ、人間関係に疲れたなどネガティブな理由で医師転職を行う人もいますが、やはり、医師転職を行う際には職場の人にできるだけポジティブに伝えると、よく思ってもらえる事が多いのではないでしょうか。

ポジティブな医師転職は好ましいでしょう。たとえば、医師転職の理由を聞かれたら、限られた医師の中で仕事をするのではなくて、あらゆる医師と仕事ができる自分になりたい、など話し方を工夫する事でもポジティブな医師転職が可能な事もあるでしょう。退職する職場の人に対しても、新しい職場の人に対しても、お互いに気持ちよく接する事ができればいいでしょう。好印象を持っていただけると、いい結果を期待できそうです。

精神科の医師転職時に役立つ資格とは

精神科の医師転職の際に役立つ資格に精神保健福祉指定医という資格があります。こちらの資格は厚生労働大臣が定めた医療機関で指導医とともに措置入院の患者の治療をして、厚生労働大臣が定めたレポートを提出する事で得ることが可能となる資格です。

精神科に医師転職する際に所持していると、ボーナスや月給がかなり上がります。しかし措置入院や医療保護入院などの強制入院を取り扱うことから、患者本人からのプレッシャーはもちろんですが、定期病状報告などを義務付けされており、行政がらのプレッシャーもかなり受ける事になります。

医師転職とエージェントの関係性とは

医師が転職するさいに、医師転職のマーケットとして、大きく3つにわけることができます。

一つは医師自身が直接転職先に応募するケースと、医療専門のエージェントや、コンサルタントなどの人材紹介サービスを利用し医師転職するケース、医局の上司や知り合いを介して転職するケースがあります。しかしながらそれぞれに、メリットデメリットがありますので、きちんと理解したうえで利用することが大切です。

このようなマーケットが拡大することによって、以前に比べて医療機関での転職活動もしやすくなりました。このような背景を知ったうえで、医師転職活動をしていくことが大切となります。

エージェントにおける医師転職の内容について

医師転職の場合、ファースト転職は医局から転職する際に、経験する医師が多いと言われています。

その際には医局からの紹介が大半となりますが、セカンド転職の場合は自力で探さなければなりません。しかもファースト転職に比べて、医師転職しづらい傾向にあると言われています。そのような際には、医療に特化したエージェントや、コンサルタントを利用することをおすすめします。

医師の業界においても転職は多く見られますが、それでも転職の多い医師については、避けられがちな傾向にあります。医師転職をするのであれば、戦略的にしっかりと活動を行なっていくことです。

医師転職についての記事

ページトップへ戻る