医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

開業医の医師年収

開業医の医師年収とは、一体どれほどになるのでしょうか。

小規模であっても、ピンキリではありますが、経営が軌道にのることが出来れば年収は2000万円~3000万円までになることもあるようです。

これは、大学病院で働くよりも、遥かに良い年収です。しかし、その年収がすべてではありません。
開業医なのですから、診察に関わる医療器具などのお金を支払わなければいけません。

例えばレントゲン1台を中古で購入したとしても数百万円、新品であれば数千万円します。また、初期投資に1億円かかるケースも珍しくはありません。

なので、結局2000万円~3000万円稼いだとしても、手元にはその半分ほどしか残らないのです。

医師の形態には色々あります。自分で開業している医師、公立病院等で勤務している雇われ医師、そして常勤病院が決まっていない非常勤医師など様々です。それぞれ一長一短ありますが、今クローズアップされているのが医師非常勤です。

求人も結構あります。全国的に医師不足だからです。直接勤務したい病院に出向く、ハローワークで相談する、ネットのサイトで検索するなど勤務先を探す方法はいくらでもあります。

非常勤だとわりと勤務時間とかも自由になりますし、アルバイトとしても働けるので、諸々の事情で人気は高いです。

医師アルバイトと言っても、医師免許がなければ働けないのは当たり前ですが。給与も勤務医だからと言ってそれほど高額ではありません。

総合的に考え合わせれば、医師非常勤というのも決して悪い選択ではありません。

医師年収の高さ

医師年収は1000万円を超えると言われています。

ただし、あくまで平均値であることを忘れないようにしましょう。医学部を卒業し国家試験に合格後、研修医となりますが、研修医時代の年収は300~400万程度。その後の進路によって差が出始めます。

大学病院の勤務医の場合、教授となると1000万前後、市中の病院を選んだ場合、部科長クラスで1500万程度、開業医の場合、うまくいけば2000~3000万と言われています。

なにかと医師年収の高さに目が行きがちな医師職ですが、時間的に不規則かつ激務であることは言うまでもありません。ストレス負荷も大きく「割りに合わない」という人もいます。独立開業した場合も、軌道に乗るまでは多額の開業資金の返済に追われる事になります。様々な意味で覚悟が必要な職業です。

医師不足が社会的な問題になって、かなりの年月が経ちます。

しかし根本的なことはまだまだ解決をしていないのです。医師求人をしている医療機関はとても多いです。もしも転職を考えている医師がいたら、医師求人京都、大阪で考えても良いでしょう。

大阪と京都は距離も近く、多くの医療機関があります。中には、脳死移植に力を入れているような大学病院もあります。

最先端の医療に携わることも可能なのです。多くの観光客が訪れるエリアでもありますので、不安にさせないような対応も求められます。技術だけではなく、心のケアもより求められるエリアでもあります。

医師転職、専門サイトを活用して

医師転職のための専門サイトが複数登場しています。勤務地、診療科、給与などの条件を入れることで、希望の求人に近い情報がはじき出されます。地方で勤務する医師も、求められています。初めから、僻地医療を求めて医師になる人もいますが、少数派です。

地方で勤務すると、まず生活が都会のようにはいきません。簡単にコンビニやスーパーに行くことができない地域も多いでしょう。しかしながら、地域住民は快く迎えてくれるはずです。人間関係が濃密ですが、人間味のある生活が送れるでしょう。診療科の区別なく総合科のような役割になりますが、経験は充分積むことができます。

給与などの条件面での医師転職

病院や医療機関などでの過酷な勤務が続いているにも関わらず、満足な給与をもらえていない場合において、転職を意識する医師は多くいることがあげられます。家族のライフステージが上がり、今までの給与では足りないなどの事情もあげられます。

また、転職の場合において契約していた条件面と異なっている場合など、多くの医師転職理由があることがあげられます。医師においては特別スキルを持っていますので、求人探しが難航するような事は考えづらいですが条件が良ければそれだけ、求人の人気は高まり転職をするのもむずかしくなるでしょう。

栃木県の医師求人について

栃木県の大きな特徴の一つとして栃木県内の病院や医療機関での2割が、精神科であることがあげられます。そのため精神科の医師求人が多くみられる傾向にあります。医師の年収は外科系と内科系双方において、2,000万円程の求人が数多くありますので、そこまで医師が不足している地域ではなく、また、東京都などの都心部よりも給与が高い傾向にあります。

周囲には観光地なども多いことで知られる栃木ですので、オンオフをしっかりとつけたい様な医師には、休日には車での観光なども充実していますので、おすすめの環境であることがあげられます。

深刻化する地方の高齢者医療と高待遇の医師求人

すっかり高齢化社会となった現代日本において、医療のニーズも相応に変化しています。高齢者向けのリハビリテーション医療や、専門の整形外科などが代表的です。他にも高齢者施設の管理医師、認知症の精神科対応など、幅広い分野で高齢者医療の需要が増加しています。

この分野の労働環境は、他と比較するとそれほど過酷ではなく人気があります。しかし患者に対する医師の数が圧倒的に不足しています。これは主に地方で深刻化しており、通院困難な僻地の老人が、ちょっとした病気や怪我で命を落とすケースが多くあります。このような状況を改善するためにも、地方の医療施設のほとんどが、高待遇の医師求人を出しています。

給与についての記事

ページトップへ戻る