医師不足が深刻な現在だからこそ希望する職場で働くことを目指す!

TOP 医師転職について

医師転職についてもくじ

  1. 医師転職
  2. 医師転職と美容外科の先生を目指す方法
  3. 匿名医療機関などの医師転職情報も見つかる
  4. チャンスとなる医師転職
  5. 医師転職を思い立つドクター
  6. 迷う事もある医師転職
  7. 医師転職でエージェントを使用す利点
  8. 医師転職が本当に自分にとっていいかエージェントに相談
  9. 意外に厳しい医師転職
  10. 医師転職お医者様がいる安心感
  11. 医師転職の少数派の理由
  12. 面倒な手続きの医師転職
  13. 医師転職のための医療機関探し
  14. 増加している医師転職
  15. 院長の役職へ医師転職

医師転職

一般的に医師として働くためには開業医として独立するか、病院の中で勤務医として働くという方法があります。

医師としていきなり開業するには、お金もかかりますし、キャリアもない中で病院の経営も行っていかないといけません。

まずは勤務医として経験を積んでから開業する事を希望する医師も多いようですね。勤務医としてずっと働き続けたいという人の医師求人選びと、将来は開業したいという人の医師求人選びは違ったものになってくる事でしょう。

自分は将来医師としてどうありたいかという事を考えて、求人選びを行いたいですね。医師として更に成長するために勉強して知識を増やしたり、スキルを磨いたりする事も必要になってくる事でしょう。

将来のビジョンを持ちながら頑張りたいですね。

現在の職場では、循環器内科の医師として働いていても、高度な技術を身に付けるのが難しいと思われる場合や、キャリアアップがどう頑張っても難しいと思われる場合には、循環器内科へ医師転職をするのもいいかもしれませんね。

循環器内科に医師転職するには自分がステップアップできそうな病院を選択する様にしたいですね。ステップアップと言っても、何をどの様にステップアップさせたいのかという事は人によって違います。

医師転職を成功させるには自分の努力も欠かせないでしょう。循環器内科へ医師転職が上手くいけば、得たい経験が得られるなど、充実した日々を送る事ができるでしょう。循環器内科への医師転職は、転機となる事もあるでしょう。

医師転職と美容外科の先生を目指す方法

美容外科の先生を目指している人は、全国に多くいるといわれていますが、なるべく研修制度が充実している勤務先を選ぶことがおすすめです。また、キャリアアップを希望する場合には、医師転職の仕組みについて正しく理解を深めることによって、いざという時にも安心して行動を取ることが可能となります。

医師転職のプランについてわからないことがあれば、人材紹介会社のスタッフにアドバイスをもらうことにより、誰しも冷静な判断することができます。その他、まずは美容外科の転職を成功した人の感想をチェックすることも良いでしょう。

医師転職についての記事

匿名医療機関などの医師転職情報も見つかる

医師転職に関して求人情報を取り扱っている会社では、一般に公開されているものだけではなく、会員登録して利用することで、匿名医療機関で人材を募っている求人も紹介してもらうことができます。

事情があっても匿名で募集をしていることが多く、急に人材を求めていることも多いので、経験者は高い給料で募集がされているものもたくさんあります。

医師転職市場は、普通の職業の転職と同様に、自分を売り込むことが大切となるので、転職サービスを提供している企業のサービスを上手く活用していくことは、良い職場に就職するためには有効な方法となります。

チャンスとなる医師転職

ひと昔前までは、ドクターが医師転職をするという機会はあまりありませんでした。しかし、今となっては医師転職をするという事も比較的よく見かける様になりました。一度医師として就職したが、思い通りの職場ではなかった場合や、長い医師としてのキャリアの中で考え方が変わった場合などには、医師転職をする事で、希望通りの働き方ができます。

医師転職はいかなる医師にとっても大きなチャンスとなる事間違いないでしょう。しかし、医師転職をすると、ある程度の年数は、同じ職場で働き続けるという場合が多い様です。転職をすると言っても、あまり頻繁に職場を変えるとなると、信用を得にくいなどの問題もある様です。

メニュー

医師の求人研究室HOME   医師求人   医師求人老健   医師求人在宅医療   医師求人転職   医師募集   医師転職   医師転職の種類   医師バイト   医師バイトに見られる特徴   美容外科   美容外科大阪   医師アルバイト

医師転職を思い立つドクター

医師として仕事を開始しても、定年まで仕事を続けた場合には、非常に長い時間を医師として過ごす事になります。ずっと同じ医療機関で医師として働く事を選択する人もいれば、医師転職を思い立つドクターもいる様です。どんな時に医師転職を思い立つかという事は医師によって異なります。

しかし、あまりにも仕事が辛く感じられる際や、医師としてさらに成長したいという時などに医師転職を思い立つドクターは多い様です。医師転職をすると決めたらすぐに実行する場合もあれば、しばらく準備に取り掛かるというケースもあるでしょう。一度の医師転職で成功させる事ができる様にするためにも、真剣に取り組む人は多いでしょう。

迷う事もある医師転職

自分は医師転職をするべきなのかどうかという事について、迷う事もある様です。まだ医師転職について考えている最中であれば、退職してしまうと後戻りする事はできません。そのため、医師転職をするという事が決定するまでは、退職しないで頑張るのもいいでしょう。

場合によっては医師転職をしても、環境が改善しないという事も考えられます。時として医師転職を行うという事は、メリットばかりではなくて、リスクが付きまとう事もあるかと思われます。無理をして急いで次の職場を見つける必要もないかと思われますので、自分の中で考えがまとまるまで、しっかりと考えるのもいいでしょう。悔いがないまで考えましょう。

医師転職でエージェントを使用す利点

医師転職において便利なのが転職エージェントに頼るという方法です。どんな利点があるのでしょうか。まずは不要な交渉、手続きを一切省くことができるということです。

面接の日取り、給与や福利厚生の交渉、企業とのやり取りなど、誰もが面倒だと感じるやり取りを代行してくれますので、仕事が忙しい人はとても助かります。

またただ会社とのやり取りをしてくれるだけでなく、キャリア相談や、面接練習、書類の添削など様々なフォローアップをしてくれるので、あまり就職活動や医師転職活動に慣れていないという人でも安心して活動することができます。

医師転職が本当に自分にとっていいかエージェントに相談

より良い環境で働きたいというのは社会人の人であれば誰でも思うことです。しかし本当に医師転職しか手がないのかどうかは自分一人では判断が難しいです。特に今働いている場所でしか働いたことのない人にとってはその職場が本当は良い職場なのか、悪い職場なのか判断することも実は難しいです。

そんな時に親身に相談に乗ってくれるのが医師転職エージェントです。自分が今後どのような医師の道を進んでいきたいのかを相談することができ、その道を歩くためにはどのような企業がいいのか、もしくは今働いている所を続けた方がいいのかといったキャリア相談にのってくれるので悩んでいる人はまず相談することができます。

意外に厳しい医師転職

医師の確保が難しいと叫ばれる世の中で、医師の求人は引く手あまたのイメージがありますが、診療科により大きく異なり異なります。

内科系、外科系等の長時間の診療が必要になる診療科や麻酔科や産科等人数の少ない診療科は転職するにも給与等の条件を選べますが、眼科や耳鼻科等の基本平日の定時内に終る診療科は医師が充足しており、医師転職にあたり、何か得意分野等がない者は競争が激化しています。そのため、待遇や人間関係が悪い場合でも我慢して働く医師も多くいます。

そういった現状もふまえ医学部学生も診療科の志望を変える者もいますが、ワークライフバランスのとれた診療科は魅力的であるため、なかなかこの状況は変わりません。

医師国家試験について

第113回医師国家試験の情報をご紹介。

試験期日平成31年2月9日(土曜日)及び平成31年2月10日(日曜日)
試験地東京都、北海道、宮城県、新潟県、石川県、愛知県、
大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
試験内容臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能
受験手数料15,300円
書類受付期間 平成30年11月1日(木曜日)~平成30年11月30日(金曜日)
書類提出場所郵送の場合:医師国家試験運営本部事務所
※平成30年11月30日(金曜日)までの消印有効
書類を直接持参する場合:医師国家試験運営臨時事務所
※受付時間は2018年11月1日(木)~2018年11月30日(金)
午前9時~午前12時までと午後1時~午後5時まで
(土曜日、日曜日その他の行政機関の休日を除く。)

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により施行

医師国家試験運営本部事務所

所在地〒130-0022
東京都墨田区江東橋2丁目2番3号
倉持ビルディング第2ビル6階
電話番号03-6659-9687

医師国家試験運営臨時事務所(大阪)

試験地ランスタッド難波支店 国家試験係
所在地〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
パークスタワー10階
電話番号0120-655-502
受付時間9:00~12:00、13:00~17:00

※詳細情報はこちら
厚生労働省(医師国家試験の施行について)
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/

医師転職お医者様がいる安心感

かかりつけ病院の大切さを広めながらその病院の医師がある日突然来月からいなくなりますと聞かされた時、次に来る医師とまた最初からはじめないといけないかと憂鬱な気分にさせられます。
せっかく築き上げた病院との信頼関係も水の泡です。
こういった医師転職は病院に長く関わっていると何度か経験します。
特に大きな総合病院だと頻繁なこともあります。

個人医院では無理な病気の時は特にそう感じます。カルテには表示されているが細かい症状など伝えないと後で取り返しのつかないことになるかもしれないので、医師がかわるのはなるべく避けたいです。しかし、医師の生活もあるので患者からは何も言えないのが現状です。

医師転職の少数派の理由

医師転職では、給与面や働き方の改善、人間関係などが一般的な医師転職の理由として多く取り上げられています。また、医師の方々の少数派の意見として、転職先に自由診療を選ばれる方々もいます。美容外科などを選ぶ方もいます。

医師求人の中では求人率が低いため、採用は難しいところもありますが、新しい分野で新しい医療機具などで最新の技術を学びたい医師の方々もいます。当直などもないので、自分自身自由な時間がもちやすくなる方々も多いと思われます。産業医師や企業医師など、会社や保険会社などに勤務される医師の方々もいらっしゃいます。

面倒な手続きの医師転職

一般的に給料も良い憧れの人気職でもある医師ですが、転職する医師の方もいるようです。転職するとなると次の仕事探しが大変というわけではなく、病院内の手続きや処理が大変なようです。

病院側としても医師の人手不足が深刻な問題になる中、転職されるとなると病院としてはマイナスになってしまうのもあるかもしれません。

またせっかくとった医師の資格を捨ててまで転職するという行為も一般的には考えにくいですがそういった事例もあるようです。煩わしい手続きを終え医師の方々もやりたい仕事を選べる医師転職があってもよいのではないでしょうか。

医師転職のための医療機関探し

実際には医師転職を行うという事よりも、医師転職でいかにして満足でして働ける医療機関を見つけるかという事の方が大切です。

医療機関によって、環境は大きく変わる事もあるため、医師転職のための医療機関探し次第で、医師転職が成功だったかどうかという事が決定されます。

人によって希望する医療機関は異なりますので、医師転職の際には、人を頼らず自分で探す必要があります。

転職エージェントは、サポートしてくれますが、最終的には自分で判断する必要があります。
将来、自分は医師としてどうありたいか、という事を考えると、医療機関を選ぶヒントとなる事もあります。長いスパンで考える事をおすすめします。

増加している医師転職

ひと昔前であれば、一度就職先が決定すると、定年までずっと同じ職場で仕事をする人も少なくありませんでした。しかしながら、近年では医師転職を行って、自分の希望に合う職場を探す人も少なくありません。

長い人生の中で、ライフスタイルも変化しますので、必要に応じて医師転職をする事で、自分の都合を考えつつ、ぴったりの職場で働く事ができます。

医師転職をする事で、常に病院側の都合に無理をして合わせる必要はありません。しかし、医師転職をしても、その環境に納得できなければ、再度医師転職をしないといけない事も考えられます。そのため、たった一度の転職は医師にとって、大きな意味があると思われます。

院長の役職へ医師転職

病院によっては医院長として活躍してくれる人を募集している事もあります。
これまで、医師として活躍してきて、医師転職をする事で、新しい病院でより高い役職を目指す人は、ぜひ考えてみるといいでしょう。

今の職場で医院長になる事は難しいと思われる場合でも、医師転職を行う事で可能となる事もあります。また、医師転職をしてすぐに医院長になるのは大変そうだという場合には、将来、院長となる予定の人で、医師転職を希望する人を募集している事もあります。

医師転職は、なかなか踏み出せないという人もいる様ですが、これまで自分ができなかった事を実現できる場合もありますので、人により大きなチャンスです。

ページトップへ戻る