医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

救急医療の医師バイトについて

医師バイトの中には、救急医療をメインとするものがあります。主には救急指定病院などでの仕事になります。緊急事態において、一連の救命措置を施すことができる技能を備えていることは当然の応募条件になりますが、いついかなる時に対応しなければならないかについては予測が立ちません。

基本的には、その医療機関に設けられたシフトの中で、いつでも患者に対応できる状態を維持するために組み込まれることになります。たとえ医師バイトの募集であっても、患者の命に関わる厳しい状況下での対応になることを肝に銘じておかなければなりません。

医師バイトの募集科目について

医療機関では全国的に医師が不足傾向にあります。その為、医師バイトの求人も非常に多く存在します。しかしどの科目も多いという訳ではないです。募集科目として常に多いのが内科医です。求人ニーズとしてとても多いのが現状です。

診察を受ける患者の半分は内科系の為、医師不足はも半分は内科医の不足とも言えます。求人としても一般内科、循環器内科消化器内科、呼吸器内科と募集が多く、次に整形外科という傾向にあります。このように医療業界は常に医師不足にみまわれています。医師バイトの求人も多く、常勤以外に勤める医師も少なくありません。

医師バイトにおける患者のケアについて

医師バイトは、患者のケアに徹することが必要です。患者は、目の前の医師がバイトであるかどうかによって、接し方を変えることはありません。医師と真剣に向かい合って、自身の健康回復に取り組もうとします。

すなわち、正規の職員の代役に過ぎないという意識を持つことはあってはならず、しっかりと患者の心身両面におけるケアを施していかなければなりません。その場における医療行為だけでは、たとえそれが技術的に優れていたとしても、患者の心を揺り動かすことにはなりません。医師バイトに臨む際は、患者への思いやりが最も大切であることを忘れてはなりません。

医師バイトで経験できることとは

病院などにおいて勤務医として働く場合には、診察や手術、研究や論文作成など、医療に関わる仕事がメインになります。一方医師バイトでは、医療に関わる仕事だけでなく、バイトをする場所によっては、病院の開業方法や経営のノウハウなども経験することが可能になります。

そのため、医師バイトは単に収入アップやスキルアップなどの目的で行うだけでなく、将来独立して開業したり、病院を経営したりするために、準備の一環として行う人も多いです。特にそのような場合は、独立して働いている開業医の下や、クリニックなどで医師バイトを行うことが多くなります。

産婦人科の医師バイトの給与について

産婦人科医は人材不足が問題となっていてなかなか人が集まらないこともあって、積極的に医師の募集を行っている病院が多いです。ただ常勤の職員を募集する場合にはかなりの待遇で迎えなければならないので、大変な面が沢山あります。

そこで最近ではバイトと言う形で募集する病院が増えていますが、産婦人科医としても時間的な拘束を受けることなく働けると言うことでこのような形で働くことを希望する人が大勢います。その場合に問題となるのが給与に関することで、その額があまりに低いとなかなか人は集まらないので病院側としてもその点をよく考えています。

そのためバイトと言う形であっても給与を高く設定している病院が多く、医師バイト専門のサイトを見てもその待遇の良さに驚いてしまうほどです。給与の額については一律に決まっている分けではありませんが、医師バイト専門サイトを調べると月単位ではなく一回単位で決めているところが多いことが分かります。

その額も一回4万円のところもあれば6万円のところもあり額に開きがありますが、それでも他の職業では考えられない位の高さです。その他に交通費や諸手当を別途支給している病院が多いので、その待遇の良さからバイトと言う形で働いている医師が沢山います。

医師バイトは空いている病院が求人を出す

どうしても人が足りずに困っているところは、医師バイトの求人を出して対応しています。バイトでもいいので仕事をしてくれる人を探したい、短期間だけでもいいから仕事をして欲しい人を見つけて、そうした人にお願いして診察を行ってもらう方針を取ります。

特に大きな病院で、一部の診療が難しくなることもあるので、医師バイトという方針を採用しているのです。この方法を使うことにより、医師の方は簡単に仕事を探せるメリットを持っています。

医師バイトであれば短期でも仕事ができる、自分が狙っている診療科目を見つけられることで、仕事のしやすい状況を作れます。

医師バイトについての記事

ページトップへ戻る