医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

僻地医師の年収

田舎や離島の医師不足は毎年話題となりますが、その対策は所在する県にゆだねられる事が多く、医師年収もそれぞれの県で違いが出てきます。

募集する医師は、資格取得して10年を過ぎた人が対象となる場合が多く、医師診療の経験を問われるからです。資格取得10年目位の医師年収は、平均1000万円ですが僻地医師の年収は、約1600万円~1900万円が相場になります。

医療技術に対する不安、子供の教育、家族の生活と、問題を抱えての勤務ですから当然の給与水準といえます。勤務する医師へのサポート体制も作られ、医療技術の遅れを取り戻すため長期自主研修が取れます。

医局とは関係ない求人を選ぶ医師

医師として出世するためには時として医局は近道となる事もあるみたいです。

医局はいい事も多い様ですが、逆に人間関係に気を使ってしまい仕事をする際に疲れてしまうという人も中にはいるみたいです。

その場合には医局とは関係のない求人を選ぶ人もいる様です。例えば、個人の医師が開業している小さな病院が出している求人を選ぶ人もいる様です。

医学部を卒業して医局に入って出世するというだけではなくて、自分の働きたいスタイルを見つけて仕事をする人もいる様です。

また、個人で開業したりする人もいます。医局に関連する医療機関で仕事をしていた人でも、転職して医局とは関係のない医療機関に移ってしまうという人も中にはいる様ですね。

医師転職サイトのサポートなら高待遇に騙されない

医師不足が続く医療業界は完全に売り手市場です。しかし医師側から余裕のある声はあまり聞こえて来ず、医師転職は慎重に行うべし、という注意喚起ばかりが聞こえて来ます。これは一体どういう事なのでしょう。

業界全体が過酷な労働環境にあるため、医療施設側も一筋縄ではいかない方法で医師を募集しているのです。最も多いのが、高待遇の求人情報で医師を集め、就職後しばらくしてから様々な理由をつけて待遇を変えていくやり口です。勤務日数や労働時間を延長させたり、給与を減額する場合もあります。額面に釣られて大変な目に遭わないためにも、医師転職サイトを利用して業界事情に詳しいスタッフのサポートを受ける事をお勧めします。

医師求人の傾向について

日本国土における関東の国土は全体の10パーセントにも満たないことがあげられます。しかしながら、この10パーセントに人口が密集していますので、当然ながら仕事は多く、交通の利便性が高くなります。

また、ドクターの需要も高く、多くの医師求人があることがあげられます。都心部になるほどドクターが大勢いますので、医師の求人も充足しやすい傾向にあり、求人によっては給与などの条件が低くなってしまうケースもあります。このような地域の特性やニーズなどをしっかりと理解し、自身のキャリアと見比べたうえで医師求人を探していくといいでしょう。

スポット勤務の医師求人で更なるキャリアアップを

慢性的な医師不足のため、医師求人は全国各地に溢れるほど出されていますが、その中で最近人気なのがスポット求人です。1日から2日間だけの非常勤で、いわゆる単発・日雇いのアルバイトです。主な業務内容は、常勤医師の代理として診療や宿直を行うものです。

一般的なアルバイトでは考えられないような破格の給与額ですが、人気の秘密はお金だけではありません。スポット勤務を行う理由の多くは、人脈作り、スキルアップなどです。

普段は常勤として医療施設に勤めながら、休日に他の医療施設でスポット勤務を行う医師が多くいます。上昇志向の医師の目には、現状の医師不足はキャリアアップのチャンスと映っているようです。

地方都市の医師求人は過酷だが高待遇

日本は全国各地で慢性的な医師不足に陥っていますが、中でも地方都市の医師不足は深刻な状態です。都市内だけでなく周辺地域からも患者が集まる地方都市は、大都市ほどではないにしろ患者の数が多く、必要とされる医師の数も多いです。

ですが地方は医療設備が整っていない所がほとんどなので、労働環境は過酷なものとなります。また、医師のやりがいの面からしても、地域に愛され頼りにされる田舎の医療施設のほうが充実感はあります。

つまり地方のデメリットが集約されてしまうのが地方都市の医療施設なのです。それゆえに医師求人は高待遇なものが多く、就職率も高いです。手厚く迎えられたい方にはお勧めの求人です。

給与についての記事

ページトップへ戻る