医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

医師転職しクリニックで働く

医師として活躍する人の中には医師転職を行ってより自分の希望に沿った職場へと移る事もあります。

医師として働き始めてから定年を迎えるまで何十年とあり、その間医師として同じ職場で働く人もいれば医師転職を行う人も少なくありません。

医師転職先としてクリニックで勤務する医師もいます。 クリニックの場合は入院できない所も多く、その場合には夜勤は必要ありません。またオンコールもありません。

ですので、中にはクリニックで働く事が働きやすいと感じている医師も多い様です。

また開業する事を目指している医師はクリニックで仕事をする事によって学べる事も多いのではないでしょうか。

医師転職で駅近の職場を選ぶメリット

医師転職では、幅広いエリアに存在する豊富な求人の中から希望条件に沿って選択できます。その際、駅近の職場を選ぶことで、よりスムーズに通勤できるようになり、遠方から通う場合でも安心です。また、遅い時間帯まで仕事をした場合でも夜道を長時間歩かずに済むため、防犯面においても大きなメリットとなります。

駅近にこだわりながら医師転職を行う場合、求人数が豊富なサイトを活用することで、より多くの求人を把握できます。その際、検索機能も大変役立ち、希望条件に沿った絞り込みが可能なので、忙しい時でも安心して職場探しができます。

医師転職で短期可能なアルバイトに応募すると

医師転職で短期可能なアルバイトに応募すると、経験が豊富な場合は、第一線で活躍できるため優遇されます。アルバイトで応募している時は、深刻な人手不足と想定されるため、患者の数が沢山いる可能性が高いので注意です。繁忙期が過ぎれば仕事も徐々に減ってくるので、アルバイトのほうも終了ということになります。

医師転職でそれほど経験が少ない人が応募すると、ベテラン医師の補助としてアルバイトをすることになります。ただ、ベテラン医師が疲労を感じて休んだ場合は、医師の代わりに自身が患者の診察していきます。経験を身につけるチャンスなので頑張るといいです。

小児科の医師転職時に役立つ資格とは

小児科医が医師転職しようとする際にはまず、専門医資格は持っておいたほうが良いでしょう。小児科医としてのスキルがあればそれでいいと思うかもしれませんが、医師転職の際には採用する側からすると説得力が増します。

さらに新しく着任した医師の紹介を通院患者にする場合にもアピールになります。できることならさらに内分泌、循環器などのサブスペシャリティ―の専門医資格があれば、非常に強いアドバンテージになります。

特に産婦人科のある病院で分娩を取り扱っているのであれば新生児の専門医はなくても、NCPRの講習を受け、新生児蘇生の資格が取得されていれば間違いなく歓迎されます。

医師転職先を探すならエージェントと

医師転職を探す際に一体どのような媒体を使用しますか?求人サイト、求人紹介会社、知人の紹介…様々な方法が現在社会には転がっています。

一番効率よくオススメしたいのがエージェントに頼るといった方法です。現在増えつつある医師転職エージェントですが求人先の病院と自分の仲介役をしてくれる人のことで、「このような病院で働きたい」という希望を出せばそれに合った求人を探して、教えてくれます。

また自分個人で医師転職先を探すよりも小さな求人から、より良い条件の求人まで数々の求人を提供してくれるので、より多くの選択肢の中から自分の新しい職場を選ぶことができます。

医師転職においてのエージェント依頼のタイミングについて

最近ではインターネットが普及し、さまざまなチャンスが広がるようになりました。医師転職も同様でしっかりとリサーチし、積極的に動いていれば転職のチャンスに恵まれるようになっています。

しかしながら、どの業界においてもそうですがブランクがあると、医師転職しづらいのも事実です。もっとも重要となるのは、思った際にすぐ動くことです。鉄は熱いうちに打てとは良く言ったものです。

医師転職においては少しのタイミングでも変わってしまいますので、医療用のエージェントやコンサルタントをうまく活用し、すぐに行動することが重要となります。

医師転職に後悔しないために

医師転職のための情報収集は、求人情報誌や求人サイトなどを上手く活用することによって、より多く取り入れられるようになっています。現役の医師として働いている方が転職活動を進めようとする場合において、現状よりも収入を増やしたいという思い、さらに、新たな資格や技能を取得したいという目標が掲げられているケースも多く見受けられます。

目的が果たせる仕事探しを進めるには、自分の希望条件や内容を比較しながら、後悔のない転職活動を進めたいものです。また、就職に至るまでのサポートを受けられるシステムも多く存在しています。

医師転職についての記事

ページトップへ戻る