医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

TOP 医師募集、医師アルバイト情報サイト

医師募集、医師アルバイト情報サイトもくじ

  1. 医師募集、医師アルバイト情報サイト
  2. 製薬会社の医師募集
  3. 心療内科の医師募集案件を見逃さないで!
  4. 余裕をもって医師募集を行う
  5. 医師募集の求人を掲載する
  6. 専門的な医師募集の利点とは
  7. 医師募集をエージェントを使って探す
  8. 自分が医師募集を受ける際に準備すること
  9. 医師募集の項目をみると
  10. 高給与良条件の医師募集
  11. 常に不足している医師募集
  12. 医師募集は科目によって違う
  13. 医師募集で働くメリット
  14. 現在の医師不足と医師募集

医師募集、医師アルバイト情報サイト

このページでは医師募集、医師アルバイト情報サイトを紹介します。

こちらのサイトでは、地方エリア、都道府県、科目などから、探すことができます。

他に、希望する給与、勤務時間なども設定することができるので、素早く、自分の希望の条件にあった医院を探すことができます。

また、登録すると、専門スタッフが、好条件、好待遇の案件を紹介してくれたり、一般には出ていない、求人募集を紹介してくれます。

この登録は無料で、気になることや、わからないことなどにも、電話や面談などで、応じてくれます。 医師募集の情報は、サイトを利用するのがおすすめです。

製薬会社の医師募集

最近では病院だけではなく、製薬会社で働く医師が増えています。

医師として働く人の中には英語が得意な人はいませんか。実は英語が得意な医師は、外資系の製薬会社で働くという事もできます。外資系の製薬会社が出している医師募集を見てみると、英語力が必要とされる事もあります。

また、仕事で使える高い英語力を備えた人を募集するために、医師募集にはある特定の英語の資格を所有しているというのが条件として定められている事もあります。

また、臨床医師として働いた経験が要求される事もあります。製薬会社で働く医師は、この様に非常に高い能力を持ち合わせた人が求められている様です。

我こそはと思う人はチャレンジしてみませんか。

心療内科の医師募集案件を見逃さないで!

医師募集サイトを閲覧し、常に良い条件の求人案件をお探しの方にとって心療内科の医師募集は見逃せない案件です。ストレス社会とも言われる現代は、心の疲れによって体調に異変を起こす方が大きく増えてきており、心療内科を受診する人が大幅に増えているのです。

そのために、常に医師が不足している状況であり、その他の医療科目の医師募集案件と比較しても遜色のない待遇が提示されている場合も多いものです。一般的には敬遠されることも多い医療科目ですが、人と向き合うこと、そしてともに問題に立ち向かい信頼関係を築くことができるという魅力のある部門でもあります。

余裕をもって医師募集を行う

十分な医師がおらず、非常に多忙な中で医師募集を行う必要がある場合もあると思われますが、とても大変な事だと思われます。ですので、可能であればできるだけ余裕をもって医師募集を行う事をおすすめします。

医師募集はもちろんですが、採用まで時間がかかる事もありますし、悩む事もあるでしょう。また、医師募集だけではなく、その後の選考に時間がかかる事もあります。規模を拡大する際の医師募集は余裕があったとしても、退職する医師がいた場合などには、すべき事が多く慌ただしくなる事が予想されます。応募者が多い場合には、特に選考で決定するのが大変な作業となる事でしょう。場合によって面接は一度だけでなく、何度か行われる事もある様です。

医師募集の求人を掲載する

これから医師募集をしようと思えば、それに向けて求人を出す必要があります。最初に医師募集で設定した条件で、医師はずっと仕事をする事になりますので、やはり人材を担当する医師は慎重に決定する必要があるでしょう。

また、医師募集の求人を掲載する場所についてですが、多くの人が利用している求人サイトであれば、きっとたくさんの人に閲覧してもらえるのではないでしょうか。医師募集を行うからには、適した人材に来てほしいと考えている事でしょう。そのためには、医師募集を行っているという事を、たくさんの人に知ってもらう事が大切でしょう。応募者が多い場合にはいいと思われる人を選ぶ事ができるでしょう。

専門的な医師募集の利点とは

専門性の高い病院やクリニックで働くためには、積極的に求人情報をキャッチすることが欠かせない課題として位置付けられています。とりわけ、最新の医師募集の状況を理解するうえで、ある程度のテクニックが必要となることがあるため、少しでも迷っていることがある場合には、同じような立場の人の感想を聞くことが良いでしょう。

最近では、医師募集が行われている医療機関の取り組みについて、ネット上で大きく取り上げられることが増えてきており、将来的な不安を解消するために、求人担当者と念入りに交渉をすることがコツとして挙げられます。

医師募集をエージェントを使って探す

エージェントという言葉を聞いたことがありますか?最近急増している職業なのですが、あなたと会社の仲介役になってくれる人のことです。何をしてくれるのかというと医師募集を見つけてきてくれ、会社との面接日の交渉や、給与の交渉などの交渉系は勿論のこと、面接の練習相手になってくれたり、書類の添削など様々なフォローアップを行ってくれます。

またキャリア相談を受けてくれるような所もありますので、どのような医師になるのか現在迷っているという人には医師募集案件について相談しつつ進めて行くことができるので非常にピッタリです。

総合型と特化型があり、医師は特殊な専門の仕事になりますので、特化型のエージェントを選ぶようにするとスムーズです。

自分が医師募集を受ける際に準備すること

医師募集に申し込みする際には、通常に就職活動と同じような手順で進んでいきます。まずは申し込みをして、書類の作成をして、面接を受けるといった形です。

転職の場合には医師募集書類の出し方などが病院によって全くことなっている場合がありますので、事前にどういったフォーマットでの提出が必要なのかどうかを確認する必要があります。

新卒の場合には大学などで就職活動の手順や書類の送付方法などを教えてくれるので、本格的に処理が始まる前に一度確認しておくといいでしょう。事前に用意しておくものとしては、証明写真、印鑑、成績用、健康診断の結果などです。

医師募集の項目をみると

大学を卒業して、インターンも終わり、自分の希望する科に進む時、どこの病院に勤務するか悩むことが多いです。通常であれば、先輩医師に相談したり、教授に紹介してもらったりします。時には、各病院の医師募集を検索して、検討することもあります。

どこが、自分のスキルアップに繋がるのか、よく考えて決めなければいけないと考えています。病院の規模、診療方針、医師の数、スタッフの数も検討要因の一つです。また、自宅からの勤務時間も参考の一つです。医師募集の広告を探してから、自分に合う病院が決まるまで、時間と労力を費やすのは、今後の人生に大切なことであります。

高給与良条件の医師募集

医師募集は、たくさんあります。医師不足の現在、多種多様な条件で募集されています。今の職場の環境を変えようと医師転職を考えられている方、休職中で再就職を考えられている方、学生で卒業後の就職先を探されている方、さまざまいます。

職場選択には、自分が取り組みたいと考える業務内容、業務時間、専門性、給与、休暇、通勤時間等が挙げられます。その中で、優先順位と医師求人の募集内容を照らし合わせて選ぶことが重要です。

実際に就職してから、医師求人の募集内容と違うと言ったトラブルおきないようにしたいですね。この医療機関に決めたという場合、契約段階で、ご自分の希望をしっかりと伝え、了承してもらうことも必要です。

常に不足している医師募集

日本全国で病院が立ち並ぶ中、肝心の医師が不足している現状があり、求人情報の中で医師募集は常に行われています。特に大手病院では、賃金改善や待遇改善をして医師の募集を行っていますが、医師不足を改善できず、その影響も重なって在籍する医師への負担が増える結果となりました。その医師が独立や引き抜きによって、医師不足の負のスパイラルが発生してしまいます。

特殊な職業のため、医師試験合格や費用面で応募人数が増えたとしても、大手病院の経験を活かして独立するという流れが強く、なかなか大手病院への定着が進みません。こういった現状を政府始め、国家問題として早急に取り組むべきだと考えます。

医師国家試験について

第113回医師国家試験の情報をご紹介。

試験期日平成31年2月9日(土曜日)及び平成31年2月10日(日曜日)
試験地東京都、北海道、宮城県、新潟県、石川県、愛知県、
大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
試験内容臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能
受験手数料15,300円
書類受付期間 平成30年11月1日(木曜日)~平成30年11月30日(金曜日)
書類提出場所郵送の場合:医師国家試験運営本部事務所
※平成30年11月30日(金曜日)までの消印有効
書類を直接持参する場合:医師国家試験運営臨時事務所
※受付時間は2018年11月1日(木)~2018年11月30日(金)
午前9時~午前12時までと午後1時~午後5時まで
(土曜日、日曜日その他の行政機関の休日を除く。)

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により施行

医師国家試験運営本部事務所

所在地〒130-0022
東京都墨田区江東橋2丁目2番3号
倉持ビルディング第2ビル6階
電話番号03-6659-9687

医師国家試験運営臨時事務所(大阪)

試験地ランスタッド難波支店 国家試験係
所在地〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
パークスタワー10階
電話番号0120-655-502
受付時間9:00~12:00、13:00~17:00

※詳細情報はこちら
厚生労働省(医師国家試験の施行について)
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/

医師募集は科目によって違う

医師の就職事情となると、ほかの就職事情と少し異なるかもしれませんが、医師の転職は決して珍しいものではなく、統計をとってみると平均で4回ほど転職していることが分かっています。

医師求人数も科目によって差があり、一番多いものでいえば内科が挙げられます。売り手市場であると言われる昨今、優位に転職活動ができることから、キャリアアップを目指して転職する人もいれば、科目を変えて再スタートを切る人がいたりとさまざまなようです。

ミスマッチを避け、ライフスタイルに合う仕事探しをすることが大切となるようです。医師募集は自分に合ったものを選びようにしましょう。

医師募集で働くメリット

クリニックなどは比較的に医師不足なため、医師募集 を常に募集しているケースがあります。

医師募集している中には非常勤求人もありますので、事情により常勤は無理でも非常勤といった月に数回の短時間勤務で働くことができます。

一方、他の病院で勤務中の医師がアルバイトをしたいという方は、求人募集の医師アルバイトを利用すれば収入アップが狙えます。

時給は条件によって違いますが、ベテランの医師は1万円前後が相場ですので1日8時間で8万円程度は期待できます。なお、若手の医師ですと1時間あたり8千円から1万円程度となっています。

現在の医師不足と医師募集

現在、日本では深刻な医師不足が問題となっており、地方の医師は顕著な不足がみられます。地方自治体は医師募集のため、奨学金などの制度を整えることで将来地方病院に勤務する医学部生を確保するなどの対策をとっています。

また、国も様々な制度の導入や議論を進めていますが、根本的な解決はできていません。一方で、強制的に一定数の医師を地方で就労させるやり方は、医師及びその家族に多大な負担をかけ、将来設計にも影響を及ぼします。

現在の労働環境が改善されないままでは、この問題は解決できません。地方で働く医師の負担の改善や将来を見据えたキャリア形成が可能となる働き方を可能とする必要があるでしょう。

医師求人、医師募集についての記事

メニュー

医師の求人研究室HOME 医師求人 医師求人老健 医師求人在宅医療 医師求人転職 医師募集 医師転職 医師転職の種類 医師バイト 医師バイトに見られる特徴 美容外科 美容外科大阪 医師アルバイト

ページトップへ戻る