医師不足が深刻な現在だからこそ希望する職場で働くことを目指す!

TOP 医師求人 医師求人在宅医療

医師求人在宅医療もくじ

  1. 医師求人在宅医療
  2. 医師の年収と医師求人
  3. 内科の医師求人はいろいろな職場が見つかる
  4. 医師求人サイトは匿名医療機関のものも扱っている
  5. 医師求人サイトで勤務日を決められる病院を探す
  6. 女性医師歓迎の医師求人について
  7. 医師求人サイトにおける産業医について
  8. 医師求人と医師不足の関連性
  9. 希望の医師求人を叶える
  10. 医師求人によって働き方も多様化
  11. 医師求人と紹介会社の難しさ
  12. 意外と多い医師求人の活用

医師求人在宅医療

在宅医療の現場では、条件の良い医師求人が増えています。

移動の手間や使える機器などの制限はありますが、常勤の医師に比べ、1日あたりの診察数が少なく、医師の年収も高い求人が多くなっています。

特に地方など、公共交通機関がすぐ近くにない所では、通院したくても体力的に難しいお年寄りなどを中心として、在宅医師の数が不足する傾向にあります。

そういった背景もあり、一時対応を看護師が行う事で、極力、医師に負担をかけない様にしている所もあります。

普段、行き届かない人々にも治療を行う事ができる喜びと、条件の良い環境の両方を得ることができる在宅医療も、今後の注目が集まる医師求人情報と言えます。

医師の年収と医師求人

医師は病気やケガを治療し、時には命を救う重要な仕事を行う職業です。
その重要性は万国共通の意識となっています。

一般的に日本では、勤務医の平均医師年収は、約1200万円といわれています。この金額は、院長や医科長などの役職がつく事によって変わります。

開業医の場合には、約3000万円が平均といわれています。世界で最も医師年収が高いといわれているのが、アメリカです。

アメリカでは勤務医でも、約2000万円の医師年収があります。次いでイギリスやオランダの順番となっており、日本では医師の年収を国際比較をすると高い位置となっています。

もっと知りたい医師年収については全国の医師アルバイト、非常勤情報なども掲載している医師求人サイトなどで見ることができます。

医師の就職先といえば、ほとんどが病院だけだという印象が強いかもしれないですが、そうでもないのですよ。製薬会社への医師求人というものがあります。医師の需要というのは、病院だけではないのです。なるほど、製薬会社は治験なども行うわけですから、当然そのようなときに医師の手が必要になるのです。

当たり前といえば当たり前なのですが、なんとなく、治験というのは会社が病院と提携してやっているものだと思い込んでいた人は多いのではないでしょうか。

しかも、製薬会社の医師転職を見てみると、非常に報酬が高額です。年収一千万円クラスがずらりと並んでいます。千五百万円くらいが平均のように見受けられます。年収が二千万円を超えるところも珍しくありません。

医師として働くのと、ほとんど収入は変わらないですね。一般的な企業に勤めている人からすると、驚きの高収入に見えます。仕事の内容は、先ほどあげた治験の臨床医だけではありません。新製品の薬の検証をするのはもちろん、なんとマーケティングも仕事内容のうちに含まれることがあります。医師の持つ専門的な知識が、マーケティングにも役立つのです。

そして、会社員として働くことになるので、病院での勤務とは違い、休みが定期的にあることになります。これは大きなメリットですね。少し心を動かされたのではないでしょうか。

医師求人、医師募集についての記事

内科の医師求人はいろいろな職場が見つかる

医師求人は診療科目ごとに募集がされており、内科などの求人数はかなり多くなっているので、職場もいろいろな場所から選ぶことができます。大きな病院から地域密着のクリニックまで内科での仕事はかなりたくさんあり、働き方も自分のライフスタイルに応じて選ぶことができるでしょう。

夜勤や救急などがあるバリバリと働くことができる医師求人から、アットホームな環境で地域の人々に信頼されてながら働くことができる仕事なども見つかるでしょう。週5日フルタイム働く職場だけではなく、交代で週数日間だけ働くことができる仕事なども見つかります。

医師求人サイトは匿名医療機関のものも扱っている

医師求人を取り扱っているサイトでは、公開されている求人だけではなく、一般に非公開とされている匿名医療機関の情報なども取り扱われているので、幅広い募集から自分にマッチしている職場を見つけることができます。

非公開なので、かなり専門的なスキルが求められる職場も多く、高い待遇で迎え入れてくれる職場も探すことができます。医師求人募集を扱っているサービスは、医師資格保持者であれば気軽に利用することができ、仕事探しに活用できます。これからは医師もインターネットで仕事探しをすることが主流であり、より自分にとって良い仕事が見つかるでしょう。

メニュー

医師の求人研究室HOME   医師求人   医師求人老健   医師求人在宅医療   医師求人転職   医師募集   医師転職   医師転職の種類   医師バイト   医師バイトに見られる特徴   美容外科   美容外科大阪   医師アルバイト

医師求人サイトで勤務日を決められる病院を探す

医師の中にも勤務している病院に不満を持っている人が沢山いますが、労働時間が長くて倒れそうなほど辛いと感じている人も大勢います。今勤務している病院で働き続けるのは難しいと感じたら、医師求人サイトに登録して労働条件の良い病院を探すのも一つの方法です。

過労で倒れてしまったら大変なことになりますし、大切な患者さんにとっても良いことは何もないです。医師求人サイトに登録したら勤務時間が今よりも短い病院を探すことができて、勤務日を指定できる病院を見つけることができる可能性もあります。ですからこれ以上は無理だと思ったら我慢せずに医師求人サイトに登録して、自分に合った病院を探した方が良いです。

女性医師歓迎の医師求人について

医師求人の中には、女性医師歓迎の医療機関、福祉施設や課があります。婦人科系の課になりますと、患者の多くは女性医師を希望しています。また、小児科などにおいても、育児や子育ての経験を持つ母親の立場としての対応が喜ばれることもあります。

高齢者への対応面でも、患者や利用者にいたわりを持って接することができる女性医師が多く存在しています。女性医師ならではの、細部にわたる綿密さは、受け入れ側にとっては安心して仕事を任せることができるポイントのひとつになっています。医師求人においては、女性医師だからと甘えることなく、真摯に臨む必要があります。

医師求人サイトにおける産業医について

産業医に特化した医師求人サイトがあります。日本全国の産業医を必要としている事業場が掲載されていますので、自分の希望する地域で探すことができです。また常勤以外に、週に一度だけの非常勤もありますから、自分に適した働き方を選ぶことが可能です。

職場はほとんどが大手ですから、土曜日、日曜日が休みのところが多いものです。また、産業医は日勤のみの医師求人になりますから、病院の勤務医のように、夜に呼び出しがあったり夜間の急患といったものはありません。

医師求人サイトを運営する斡旋会社には、医師が検索する手間を省けるよう、要望を聞き入れて直接情報提供してくれる所もあります。

医師求人と医師不足の関連性

医師求人は、最近多く目立っています。大きな大学病院でも、待遇面で医師が不足することもありがちです。研修医は、常に病院に駆けつけられるように、病院近くに住むことが強制されることがあり、医師が定着しない一因となっています。

看護師不足と並行して、医師不足となるところも多いようです。そのため医師求人は、常に病院のホームページに掲載されています。専門によって、求人が多くなる場合もあります。

小児科や婦人科などは、医師不足が懸念されています。また、病院の立地によって、医師が不足することもあります。僻地医療、無医村など、深刻な面もあります。

希望の医師求人を叶える

医師それぞれにビジジョンやスキスアップの目標がありますので、そのことに準じて働き先の希望もそれぞれあるでしょう。そのなかで、自分だけで希望の医師求人先を見つける事は容易ではありません。特に医師においては、通常の業務が忙しいですので時間がないようなケースもあるでしょう。そのような状況で頼ることができるのが、コンサルタントやエージェンシーです。

希望の医師求人を叶えようと、ぴったりの求人先をマッチングしてくださいます。美容整形などの特殊分野であっても、見つけてくださったり、有利に交渉を進めてくださいます。

医師求人によって働き方も多様化

私たちが就職活動や転職活動を行うように、医師であっても同じように就職活動や転職活動をする時代となりつつあるようです。医師求人もインターネットのサイトが充実したこともあり、今となっては売り手市場であるとも言われています。

医師の仕事は特殊ではありますが、求人内容によっては待遇の良い仕事を探すことが可能となるため、ライフスタイルに合った仕事が見つけられる可能性は高くなるようです。

働き方もフルタイムや非常勤勤務、医師アルバイトなどというように多様化しているため、フルタイムで働くことが必ずしも重要であることではないかもしれません。

医師求人と紹介会社の難しさ

医師求人は通常の転職サイトの掲載等では集まらず、大学の医局等の紹介に頼らざるを得ない状況にあります。それでもなかなか必要人数に満たない場合、医師紹介会社に頼ることが多くなります。

医師紹介会社との付き合いも難しく相手の提示額や条件を素直に聞けば良い医師を優先的に紹介してくれますがコストがかかります。コストを気にして価格交渉をすると良い医師を紹介してもらう機会が増えて結局採用活動費用がかかります。コストと人選のバランスをとるのが難しく、良いあんばいに交渉しコミュニケーションをとることがポイントになります。

意外と多い医師求人の活用

医師というと高学歴で高収入で憧れの仕事の一つです。しかし、実際に医師として働くと、はじめのうちは研修医として昼夜を問わず勉強も仕事も行い大変ですし、一人前になったとしても夜勤や休日出勤、時間外労働など働き方としてはとても大変な職種です。そんな理由もあり、医師免許を持っていても、医師という職を様々な都合で離職する方も意外と多いのが現状です。

一度離職してしまうとスキルの面からも元の医師という職に戻るのも大変です。最近では、再就職する医師をスキルアップから支援する医師求人団体なども存在し、離職した医師にとっては、大変頼りになる存在です。

ページトップへ戻る