医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

医師転職、医師求人、産業医

環境や食生活が影響しているせいか、アレルギー体質の子供が増えているようですが、アトピー性皮膚炎などにかかった場合は皮膚科のお医者さんに頼るしかないので、日本全国どこの病院やクリニックでも医師の数が十分という状態にあって欲しいですね。

とはいえ実際はなかなかそうはいかず、地方によっては医師不足が深刻となっているので、今は都会で働いているけど、いずれは田舎で働きたいなどと、医師転職を考えている方には、ぜひ皮膚科のクリニックを選んでもらいたいところです。

インターネットで医師転職サイトから探せば、給料が良くて、休日・休暇が多いクリニックを簡単に見つけることが出来るのでおすすめです。

高齢化社会が加速する近年、老健での医師求人が増えてきています。老健とは老人保護施設や介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどです。医師求人の内容は医師業務を兼ねて、施設長を募集するところが多いのですが、常勤の勤務医の募集もあります。

またその入居者管理を目的としたクリニックでの勤務などもあり、勤務形態は求人内容で確認することが大事です。一般的に、病院勤務と比べてゆったりとした勤務形態であることがおおく、勤務医としての募集では人気が高くいようで、募集すればすぐに充足することがほとんどです。

産業医求人を可能な限り選ぼう

人気の高い産業医求人の見分け方については、ネット上で度々紹介されることがありますが、それぞれの事業所の業務内容をきちんとマスターすることが望ましいといえます。特に、経験豊かなスタッフが多く在籍している事業所の魅力については、数々の転職サイトなどで紹介されることが増えており、空き時間を使いながら、必要な知識を得ることが良いでしょう。

また、産業医求人のメリットやデメリットについて知りたいことがあれば、同年代の医療従事者の体験談に目を通しておくことによって、何時でも便利な情報をキャッチすることが可能となります。

産婦人科医に医師転職するメリットとデメリット

産婦人科医に医師転職すると仕事が豊富、給料が高いというメリットが期待できます。人口が多い地域に医師転職した場合は、毎日大勢の患者を診察することになります。周辺の人々の健康を守っているという結果につながるので、やりがいを感じるはずです。また、仕事が豊富なことから給料はかなり高いのが特徴です。

デメリットは産婦人科医は休みがとりにくい、人手が足りないなどです。連休直前や年末は忙しいため、有給休暇が取りにくいので注意です。忙しい期日を通り過ぎれば休みを入れやすくなります。また、人手が足りないと感じた時は、求人で看護師を募集するように上司に相談するといいです。

産婦人科の医師転職時に役立つ資格とは

産婦人科は少子化と言えども必要な職業です。人手が足りていない職業だと言っても過言ではありません。お産はいつ起こるかわからないのでハードな勤務を強いられ、医師転職を考える人も多いでしょう。

産婦人科の医師転職のときに役に立つ資格としては、やはり助産師でしょう。助産師は看護学校を卒業した後にさらに数年学ばなければなりませんので、資格を取得するまでに時間がかかる資格です。

しかし、持っていると有利でとても役立ちますので頑張って取得する価値はあるでしょう。使える資格を手にして社会に貢献していきたいものです。

医師転職ならエージェント会社への登録を

医師転職先を紹介してくれるエージェント会社では、そこの担当者が親身になって対応してくれるものです。エージェント会社の面談は、医師の都合に合わせて自宅にも来てもらえたり、希望する場所で行うこともできるようです。

守秘義務が守られているため、求職中であることを周囲に知られることがないよう、配慮がされていますから、安心して依頼することができます。またすぐに医師転職先を希望していない場合でも、登録をして、必要な情報提供をしてもらうことができますので、今後の転職に役立てることが可能になります。登録しておくことで、好条件の転職先を紹介してもらえるといったメリットがあります。

医師転職で後悔しないためには

現役の医師として働いている方や、医師を目指そうとしている学生の方、さらに、医師としての免許を持ちながらもキャリアにブランクのある方など、様々な方によって進められる医師としての仕事探しは、他の職種よりも難しいイメージが抱かれがちな事柄でもあります。

インターネットを上手く活用することによって、医療業界に特化された情報収集が行えたり、求人情報誌でも医療に関する特集が組まれたりしているため、自分の希望とする仕事探しを行うことができます。後悔のない医師転職を行うためにも、さらに有効的に活用したいものです。

医師転職についての記事

ページトップへ戻る