医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

製薬会社での医師求人

製薬会社での医師求人は多くの場合、メディカルドクターとしての募集を行っています。一般的に製薬企業は研究情報保持の観点から、非公開の形で募集を行う場合が多いようです。

そのため、表立った求人はなかなか出てきませんが、医師専門の派遣会社などに登録しておくと紹介を受けられることがあります。現在、新薬開発は世界規模での競争が展開されています。

こうした状況の中で、外資系のメガファーマでは本国で医師を10年以上前から積極的に採用してきました。国内企業でも大学や研究機関などと共同開発を行う場合が多いのですが、メディカルドクターが新薬開発の判断を社内で行う企業が増加してきています。

具体的な仕事内容は、世界各国からの学会や論文発表などからの情報収集、データ解析などとなっています。プロジェクトの進捗管理のため海外出張の機会が多く、留学経験がある語学の堪能な医師はとても欲しい人材であるといえます。

病院勤務医の経験があればプロジェクトで臨床経験を活かしてリーダー的存在となって活躍できるでしょう。 医師としての経験により、新薬を望む多くの人の期待に応え、たくさんの命を救う可能性がある、やりがいのある仕事といえます。

ケアミックス病院が出す医師求人

最近では、医師求人サイトを見ているとケアミックス病院というのを見かける事が多くなりました。ケアミックス病院とは一体どの様な病院なのでしょうか。高齢者が病院を利用する際には、通常の病院と同じ様に医療を受けるための病院がまずあります。

そして、更にリハビリなどを長期に渡って行う療養型病院を次に利用する場合もあります。

しかし、ケアミックス病院では病院と療養型病院が隣にある病院の事を言います。利用者の立場に立って考えてみると病院での治療を終えた後に療養型病院を探さないといけないですが、ケアミックス病院であれば、その必要はありません。

近年では特に高齢者の増加によりケアミックス病院が出す医師求人は増えていますが、今後もしばらくはこの傾向が続くと予想されます。

産業医への医師求人の応募について

医師求人の中には、産業医の募集があります。企業や組織、団体などの専属の医師となりますので、就業に関する事柄については、所属する職場の規則に従うことになります。従業員、職員などの健康管理を預かることになりますので、定期検診や健康相談などが主な業務となります。

ただ、職場内での怪我の処置など、その所掌範囲はそれぞれの所属先で多少の違いはあります。何よりも大切なことは、ひとりひとりの従業員に対して、健康についての意識付けをしっかりとおこなっていくことにあります。健康面での自己管理の徹底は、良い仕事をこなすことにつながっていきますので、産業医への医師求人の応募は、企業、組織の意識改革を目指す意気込みが大切になります。

皮膚科の医師求人の特徴

皮膚科は外科などに比べて手術が少なく、緊急の呼び出しなどもないので、比較的楽な方の科というイメージが強いです。しかし、皮膚は内臓の鏡という言葉があるように、まずは皮膚の状態を見て異常を発見し、その結果ガンなどの重大な疾患が見つかることも多いので、重要な役割を果たしています。

総合病院の医師求人においては、普通の診察に加えて画像検査や血液検査など、様々な業務を行う必要があるので、深い知識と経験も必要になります。また、皮膚に関連して爪や髪も診察の範囲に含まれるし、寝たきりの高齢者が増えることによって数が増える床擦れの症状も皮膚科の範囲であるなど、非常に幅広い業務を担当しています。そのため、楽だからという理由だけで医師求人に応募しないようにしましょう。

医師求人サイトにおける産業医とは

医師求人サイトを運営している斡旋会社では、一般の医師と分けて産業医を募集しているものです。主に保険指導や衛生管理、就業規則や作業環境などの指導や教育などにも携わるほど多岐にわたるものです。そのため産業医としての専門知識が必要になります。

斡旋会社では転職を希望する際は、勤務地や年収など、要望など聞き入れて、その条件にあった医師求人の勤務先を紹介してくれます。また常勤や非常勤といった働き方も、自由に選択することが可能です。勤務先との交渉や、面接日時の設定なども仲介役となってサポートしてくれますので、日々多忙な中でも好条件の転職先を見つけられます。

医師求人、医師募集についての記事

ページトップへ戻る