医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

救命救急に転科をする可能性のある医師転職

救命救急に携わる医師は、高度な知識や経験が必要とされるため、このような診療科目への医師転職を考えている場合には、役割を事前にきちんと理解することが求められます。

最近では、転科の可能性のある医療機関の特徴について、数々のメディアで取り上げられることがありますが、将来的に医師転職を考えている人にとっては、常日頃から役に立つ情報を仕入れることが課題となっています。

大手の医療法人などでは、救命救急の専門のスタッフを雇い入れようとする動きがみられており、医師転職をして恵まれた待遇で働きたい時には、きちんと求人の特徴を見極めることが望ましいといえます。

医師転職の形態

医師転職には様々な形態があります。
中には製薬会社に勤務をする医師もいます。

薬の開発には多くの人の手が関わっています。最終的に判断をすることも必要です。治験を行うことがありますが、その治験のために医師を常駐させているところもあります。

また、医師募集の中でも勤務時間が明確にされているので、自分自身の健康のことを考えて希望をする医師もいます。どのような仕事をしたいのかということをよく考えてから応募をしなければいけません。

薬剤に関わる医師としての仕事にもやりがいを感じるでしょうし、やってて良かったと思うこともあるでしょう。中には他の医療機関で専門性を学びたい、空いた時間を有効に使いたい、出産や育児が落ち着くまで常勤で働くのは難しいなどの理由から、非常勤勤務で働く医師もいます。

そこで、医師アルバイト募集サイトを覗いてみますと、皮膚科に人気が高いことがわかります。非常勤勤務や、短時間正規雇用などのシステムがあるため若手医師に人気があります。

また、外科や産科、小児科などは重労働の割りに待遇が低いということも理由のひとつでしょう。

しかし、皮膚科は総合病院をはじめ療養型さらにはクリニックまで、幅広い医療機関から求人があるため、需要と供給のバランスが取れているのです。

病棟業務の医師転職の求人について

病棟業務を希望する医師は、全国に大勢いるとされ、人気の高い仕事内容に注目をすることで、早期に医師転職の対策を立てることができます。現在のところ、高待遇の病棟業務の求人に対するニーズが高まっており、いくつかの医療機関の担当者と相談をしつつ、望ましい医療環境の下で働き続けることがコツです。

そして、医師転職の成功者の口コミを参考にしつつ、治療実績のある医療機関の将来性を判断することがおすすめです。その他、様々な業務が行われている医療機関の説明会やセミナーなどに顔を出すことで、何時でも納得のゆく対応が取れます。

医師転職においてエージェントを使用するデメリット

医師転職をするにあたり、エージェントを使用するデメリットは一体どのような所にあるでしょうか?メリットが何点かあるようにデメリットも何点か実はあります。その内の一つは「やり取りに時間がかかる」ということです。

医師転職での仲介役をしてくれるので、やり取りとしては自分→エージェント→企業といった流れになります。(企業からの連絡も同じです)つまり自分と企業が直接やり取りをすることがないので、間に人が入る分どうしてもレスポンスは長めになってしまいます。

ただその代わり自分と医師転職先との直接のやり取りをする煩わしさがなくなりますので、どちらが自分の性格に合っているのかを見極める必要があります。

医師転職におけるエージェントと求人サイトの違い

現在インターネットやCMなどでよく見かけるのが「エージェント」「求人サイト」といった単語です。医師転職においてはどちらも人気があり、頻繁に利用されていますが、それぞれに違いがあります。

最も異なるのが、医師転職の際に間に入ってくれる人がいるか、いないのかという点です。エージェントはその名の通り、専門の人が企業と自分の間に入ってくれて、様々なやり取りを代わりにしてくれます。

一方医師求人サイトは、誰か人がついている訳ではなく、インターネット上に様々な求人募集情報が載っているサイトのことです。医師転職をする際に相談にのってくれる人がいるのか、いないのかが最大の差です。

決断前の十分な情報収集が医師転職成功の秘訣

過酷な労働環境、医局のピラミッド構造、収入面や技術面での不満。医師が転職する理由は様々ですが、転職先は十分に検討したうえで決定すべきです。なぜなら医師不足が続く現代において、大抵の病院では常時高待遇で医師を募集しているからです。

募集事項の文面だけを見て判断すると、転職前とさして変わらぬ環境に身を置く結果ともなりかねません。また実際の面談も環境の悪い面を隠した対応になりがちです。

IT技術が普及した近年においては、医師転職情報サイトや医師転職サポートサービスなど、Web上から様々なシステムを利用することが可能です。あらゆる角度から情報を収集し、検討を重ねることが成功の秘訣です。

医師転職についての記事

ページトップへ戻る