医師の仕事や求人について、身近にせっしている医者の仕事や勤務状況などを調べてみました

医師バイトに見られる特徴

休日や夜間の時間、さらに研究日などを利用したい医師の方が、医師バイトをするといったケースが増えています。最も多い形態としては、医療機関などで非常勤医師として勤務するものです。

医療機関の定める所定労働時間をフルタイムで勤務しないため、医師バイトであれば時間や日数など、勤務条件における様々な事柄を自分の希望次第で自由に調整することが可能です。決まった曜日や時間帯で一定期間繰り返し勤務する定期非常勤、さらに、単発で働くスポットに分かれます。

収入アップとして副収入を得ること、常勤先では経験できない症例を扱うなどのスキルアップなどが医師バイトをする目的とされます。

医師バイトの求人にみられる増加傾向

医師バイトの求人には、内科、小児科などの一般的な診療科だけでなく、乳腺外来、頭痛外来といった専門分野に特化した診療科まで様々です。バイトですので時給で給料が決まり、常勤医よりもフレキシブルに働くことができます。

社会が発展し、人々の生活、食、労働などが変化し多様化する中で、精神的、身体的な病に倒れる人も多くなっています。医師バイトとして勤める施設も公立病院、診療所、健診施設など色々で、施設数自体も増加しているので、選択肢も多いです。

医師バイト専門の転職情報ばかりを扱うウェブサイトもあり、全国の医師求人情報が検索できるようになっています。

医師バイトのバイト費について

医師バイトは他のバイトとお給料の面でどれほど違いがあるのでしょうか。様々な種類があり、働き方の形態によって時給が大きく変わってきます。

いわゆる外来バイトと医師バイトの中でも行っている人が多い他の病院で診察を受けるバイトの場合には多い所では時給1万円が相場になっています。

よくドラマなどでも耳にする機会が当直も医師バイトの一つで、夜勤と呼ばれるものは時給1000円と都内の飲食店などとあまり変わりません。逆に救急車の受入れなどを行っており24時間忙しいことが見込まれている救急当直と呼ばれるものは時給5000円が相場と言われています。

医師バイトの選び方について

医療業界の仕事は専門性が高いため、誰でも出来る訳ではありません。しかし、夜間や早朝などの緊急外来やきめ細かな対応をするために、現職の医師や看護師だけでは手が足りないといった実情もあります。こうした事情を解消すべく、別業種で働いていたけれどまた医療関係の仕事に就きたい、子育てが一段落したのでこれまでのスキルを生かして働きたいという人達に向け、医師バイトの専門求人サイトも存在しています。

医師専門求人サイトでは勤務地や勤務時間など、自分の希望する条件に合わせて医師バイト求人を比較しながら仕事探しができるため、就職活動が手軽にできる他、役立つ情報が手に入れられます。

医師バイトについてのポイント

医師としての資格を持つ方にとって、働き方にも様々な見解が存在しています。医師バイトの中には、経験と収入を得るために日勤と夜勤を続けるといった内容もあります。

外科や呼吸器科などに関しては体力的要素も必要となり、日勤と夜勤を続けるのは難しいこともあるでしょう。しかし、精神科、心療内科といったカウンセリングを中心とした診療の医師バイトの場合、入院病棟担当の夜勤を担当するケースもあります。

大学病院、個人開業医など、あらゆる携帯の医療機関が存在する中で、警備員、看護師、当直医だけが勤務する夜間の医師アルバイトも多く見受けられます。

医師バイトの詳細について

医師のバイトについては、さまざまな診療科目で求人がおこなわれています。医師バイトに応募する理由としては、一番目に収入を増やしたことが挙げられ、二番目にはキャリアを伸ばしたいなどの理由が挙げられます。

人命を預かる医療現場において過酷な労働スケジュールは、大変なことが挙げられますので、想像以上の無理をしない程度に、掛け持ちをすることをおすすめします。しかしながら、インターネットなどにおいては、診療科目関係なく医師バイトの募集がおこなわれていますので、チャンスがあるようであればトライすることをおすすめします。

医師バイトについての記事

ページトップへ戻る